4月26日(木)の地方競馬レース紹介~オグリキャップ記念~

4月26日(木)

オグリキャップ記念(SP1):笠松2500m

 

笠松出身のアイドルホース・オグリキャップを称えて1992年に創設された重賞です。

一時期はダートグレード競走として開催されていましたが、2005年からは地方の重賞

として開催されています。

2003年~2005年にはカネツフルーヴミツアキタービンミツアキサイレンスといった当時のダート競走を盛り上げたメンバーが勝利を収めています。

笠松での開催ですがダート2500m戦のエキスパートが各地から集まり、金沢のジャングルスマイル(2012年)やナムラダイキチ(2013年)、グルームアイランド(2016年)や、高知のリワードレブロン(2014年・2015年)といった他地区所属馬の勝利も目立ちます。

2010年・2011年には当時の愛知最強馬の1頭ヒシウォーシイが連覇を達成しています。

ダート長距離戦。

地元勢が意地を見せるのか、他地区からの刺客が勝利を射止めるのか、注目です。

 

 

関連記事

www.uma-furi.com

 

4月25日(水)の地方競馬レース紹介~コスモバルク記念、しらさぎ賞~

4月25日(水)

コスモバルク記念(H3):門別1800m

 

地方競馬の雄・コスモバルクを称え2011年に新設された重賞です。

門別競馬のシーズン開幕を告げる、最初の重賞です。

ここから目指すは門別競馬中距離戦線の頂点「道営記念」。厳しい冬を乗り越え、歴戦の古馬たちが顔をそろえます。冬の過ごし方や成長力で、昨年から比べて力関係にどのような変化がみられるのか、注目の一戦となります。

2015年には中央のオープン馬グランプリブラッド(母シルクプリマドンナ)が移籍初戦にコスモバルク記念を選択して2着。さらに同年の大一番・道営記念では勝利を収めています。

クラキンコショウリダバンザイウルトラカイザーなど、毎年その当時の門別競馬を盛り上げる中心馬がここを制覇しています。

 

 

 

しらさぎ賞(S3):浦和1400m・牝馬限定

 

浦和競馬場で開催される重賞で、歴史は長く創設は1962年。

いくつかの変更を経て、現在の形態となったのは2015年のことです。

今では地方交流の牝馬限定重賞として、古牝馬にとって春の実力試しに使われています。

優勝馬にはスパーキングレディーカップの優先出走権が付与されます。

2017年のJBCレディスクラシック勝ち馬ララベルは2016年にここを快勝。それ以降は全てダートグレード競走を走っているため、彼女が走った最後の地方限定の重賞となります。

また、引退レースになることも多く、2008年勝ち馬はアストリッドや2009年勝ち馬デザートレジーナは2010年のしらさぎ賞をもって引退しています。

ここを勝利した牝馬がJBCレディスクラシックに地方牝馬代表の一角として出走することも多く、秋の大一番をより楽しむためにも気にしておきたいレースです。

 

【重賞回顧】第53回フローラステークス(GⅡ)

クラシックセカンドステージの開幕。第53回フローラステークス

 

2週間前に終わった桜花賞は、やがて伝説になるであろうアーモンドアイの走りが鮮烈だった。新たな挑戦者を探す気になれないぐらいのものだった。しかし、次のオークスには距離延長という命題を課せられている。マイルから12ハロン、3歳牝馬にとって800mも長い距離を走るのは容易なことではない。スピードと総合力とのバランスから緩急と総合力の世界へ。舞台を東京へ移し、問われるステージが確実に変わっていく。

桜花賞組に対して中距離を使われてきた組は緩急の経験値が武器になる。

最有力トライアルのフローラステークスは桜戦線に乗らなかった組によるセカンドステージの開幕を告げる。

 

サトノワルキューレは11月の京都重馬場の1800m戦で新馬勝ち。年明けは牡馬相手の2400m戦を2度使われて、3着1着、角居勝彦調教師がデビューから目標を明確にしてレースを使ってきたことが分かる。前走ゆきやなぎ賞は、3角で先に動いて他に行かせて一旦溜めてから前を全て差し切った。デビューからずっと乗っているミルコ・デムーロ騎手が自在に動かせるほど手の内に入れている。

 

池添謙一騎手×池添学調教師の兄弟タッグで臨むサラキアは、前走チューリップ賞4着で桜花賞出走の権利を逃し、オークス戦線へ矛先を変えてきた。チューリップ賞では上がり33秒4の決め手を発揮。母サロミナはドイツオークスの勝ち馬。マイルより中距離への適正は断然高い。

 

2月のクイーンS4着以来になるオハナは堀宣行厩舎の所属。新馬、500万下を連勝したが、クイーンS4着の後は、間隔を開けて目標を桜花賞からオークスへ切り替えてきた。桜花賞トライアルに出走しなかったことで状態を戻しての参戦になった。こちらもデビューから全て石橋脩騎手が手綱をとっている。

 

以下、ミモザ賞を勝ったレッドベルローズ、フラワーC3着のノームコア、1戦1勝で父はアーモンドアイと同じロードカナロア、母はオークスで大まくりを決めたダイワエルシエーロのカーサデルシエロなど、オークスへの2枚の出走権を目指して16頭が府中開幕週に集まった。

 

 

スタート直後2角の攻防を制するのは

 

東京競馬場の馬場改修はもう15年も前になる。このとき、直線部分がさらに延長された他に芝2000m戦の難所になる2角入り口のカーブ部分は緩やかになった。1991年天皇賞秋でメジロマックイーンが斜行降着になった箇所として有名であり、府中2000m外枠不利は改修が終わった今も競馬ファンの頭から離れない格言のひとつだ。今回は外目の枠に印がまわるような馬が何頭か入っていて、レースの出方が注目される。

 

スタートでサトノワルキューレが遅れて早々にドン尻の位置に収まる。2角でのごちゃつきを意識的に避けているようだ。

 

積極的に前へ行ったのは、田辺裕信騎手が乗るデュッセルドルフカーサデルシエロが番手をとるところに大外枠のノームコアが外から進入してきた。スタートを決めて2角まで短い距離でアドバンテージをとってキレイに内側へ入ってきた。戸崎圭太騎手、先週同様に冴えている。

 

その3頭の内に潜ったオハナ、外にラブラブラブノームコアと同じピンク帽子のパイオニアバイオノームコアの進路を追うようにやってきてラブラブラブの後ろのポジションをとった。ノーブルカリナンレッドベルローズと続いていき、サトノワルキューレはドン尻から動かない。

 

前半の1000m通過は61秒1を計時。開幕週の東京2000m戦らしいスローペースになった。緩急をつける競馬に挑戦する若い牝馬たちは無理をしない。隊列は全く動かずに3、4角を回る。慎重に折り合いをつけながら最後の直線までじっと待っているようだ。東京競馬場の直線は525.9m、ゴール板はずっとずっと先にある。

 

f:id:umauma-free:20180424215118j:plain

 

抜け出してきたのはピンクの帽子2頭だった。ノームコアパイオニアバイオが併せて伸びてくる。中団以降から伸びかかる馬がいるが、ノームコアパイオニアバイオは捕まる気配がない。

しかし、ドン尻で構えていたサトノワルキューレが迫ってきた。残り400m地点からさらに加速して2頭を捕まえにいく。追いすがるサラキアを引き離す。後半まで温存された体力はノームコアを捕らえ、パイオニアバイオに迫る。しかし、パイオニアバイオも抵抗。ゴールの先にはオークスが待っている。簡単には諦めはしない。2頭の戦いはゴール板まで続くものの、最後はサトノワルキューレパイオニアバイオをねじ伏せた。

 

勝ち時計1分59秒5(良)。勝ったサトノワルキューレ、2着パイオニアバイオがオークスへの切符を手に入れた。

 

f:id:umauma-free:20180424215531j:plain

f:id:umauma-free:20180424215031j:plain

 

全着順

第53回 フローラステークス(GⅡ)3歳オープン・牝馬(東京・芝2000m)

着順
馬名
性別・馬齢
騎手
着差・タイム
1
サトノワルキューレ
牝3
M.デムーロ
 1:59.5
2
パイオニアバイオ
牝3
柴田善臣
クビ
3
ノームコア
牝3
戸崎圭太
クビ
4
サラキア
牝3
池添謙一
1/2
5
ファストライフ
牝3
大野拓弥
1
6
ウスベニノキミ
牝3
内田博幸
ハナ
7
レッドベルローズ
牝3
三浦皇成
ハナ
8
ヴェロニカグレース
牝3
柴田大知
3/4
9
ハイヒール
牝3
武士沢友治
1.1/4
10
デュッセルドルフ
牝3
田辺裕信
ハナ
11
ノーブルカリナン
牝3
横山典弘
1/2
12
ディアジラソル
牝3
武藤雅
1.1/4
13
オスカールビー
牝3
蛯名正義
アタマ
14
オハナ
牝3
石橋脩
1/2
15
カーサデルシエロ
牝3
北村友一
1/2
16
ラブラブラブ
牝3
松岡正海
7

 

 

1~3着馬コメント 

1着サトノワルキューレ(1番人気)

f:id:umauma-free:20180424214934j:plain

大半が未知になる2000m以上を2度も経験していたのは大きかった。スローペースになっても構わず最後尾につけたデムーロ騎手には自信がかなりあったのだろう。内枠だったので、2角で外から寄られる危険を感じていたとは言え、あの位置取りは自信がないとできない。半端な競馬をするぐらいなら思い切って。デムーロ騎手らしい作戦だった。牡馬相手に2400m戦で勝ち上がった経験はオークスでも武器となる。角居厩舎はこのレース3勝目(過去はディアデラノビアデニムアンドルビー)、じっくり育てて素質を開花される手腕に長けている証だろう。フラワーカップを勝ったカンタービレもいて、オークスは角居調教師が鍵を握るかもしれない。

 

2着パイオニアバイオ(13番人気)

未勝利を勝つまで8戦を要したが、1月からずっと2着続きだった堅実派が「らしさ」を発揮した。不利な8枠をノームコアの進路を利用して克服し、直線では一旦は抜け出していた。スローペースではあるが、いきなり東京2000mの重賞で先行して伸びたのは力がある証明だ。あそこまで行けば勝ちたかったという気持ちもあるが、オークスへの出走権は確保したので、本番でも器用さと堅実派を発揮できれば面白い。母アニメイトバイオは、オークス4着、ローズS1着、秋華賞2着という戦歴。まだまだ良くなるのはこれからだろう。大ベテラン柴田善臣騎手を推す競馬ファンは多い。まだまだ達者な技術は健在だ。

 

3着ノームコア(5番人気)

f:id:umauma-free:20180424215601j:plain

スタート決めて2角直前まで大外を上がっていって、2角ですっと内側へ入る、戸崎圭太騎手が味な競馬で大外枠を克服してみせた。スローペースの番手、開幕週の中距離戦。勝ちパターンとも思えたが、最後に苦しくなってしまった。大外スタートが最後の最後に影響したのだろうか。枠順さえと思いたくなるような悔しい敗戦だった。

 

 

総評

 

東京2000mはスタートから2角までが勝負であること、そして枠順がレースを支配していることを再確認させられたレースだった。スタート直後に大外枠を克服したノームコアパイオニアバイオと、内枠から一旦下げたサトノワルキューレ。どちらも2角を上手く通過したが、ロスという部分で最後に差となって現れた印象。それでもドン尻から直線だけで全馬面倒をみたサトノワルキューレの底力は高く評価したい。戦歴だけなら桜花賞組へのアドバンテージすらありそうだ。最初からオークス標準の角居調教師の戦略が冴えた。

最後まで伸びていたのはサラキアも同じだ。こちらは馬群を縫いながらの追い上げだったので、4着と振るわなかったが、今後は注目してみたい。

 

 

(勝木淳)

(写真・ゆーすけ)

ディープインパクト産駒、史上最速でのJRA通算1,600勝を達成!

4月22日(日)京都8Rで、13番トウカイレーヌ(古川吉洋騎手)が勝利。

この勝利で、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1,600勝となりました。

 

これはサンデーサイレンスノーザンテーストブライアンズタイムキングカメハメハに続く、JRA史上5頭目の記録です。

 

また、産駒初出走の日から数えて7年10ヶ月3日での1,600勝達成は、サンデーサイレンス産駒の9年0ヶ月19日を上回る史上最速での達成となります。

 

 

先日、種牡馬の父のランキングでディープインパクトが1位、サンデーサイレンスが2位となった記事を掲載しました。

uma-free.hatenablog.com

 

今、偉大なる父ンデーサイレンスを超えようとしているディープインパクト

時代は少しずつですが確実に移り変わり、名馬たちの血はこれからも受け継がれていきます。

こうした変化にも目を向けてみると、より競馬が楽しくなりますね!

 

【先週の競馬】マイラーズC、フローラSなど6レースの振り返り

 

4月21日(土)

京都8R あずさ賞

 

ハーツクライ産駒で2番人気のアルムフォルツァが、ステイゴールド産駒で3番人気トーセンアイトーンに1. 1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったアルムフォルツァは2走前に未勝利を脱出し、前走は格上挑戦で毎日杯に挑みましたが8着に破れていました。500万では経験を活かし勝つことが出来ました。

 

 

東京10R 府中S

 

ディープインパクト産駒の3番人気グリュイエールが、マンハッタンカフェ産駒の5番人気ショウナンマルシェに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったグリュイエールは屈腱炎で放牧に出されていましたが、2年1ヶ月の休み明けとは思えない走りで実力を発揮し勝ちました。

それにしても藤原英調教師は今年好調ですね。

 

 

東京11R オアシスS

 

スマートストライク産駒の5番人気ルグランフリソンが、ゴールドアリュール産駒の1番人気サンライズノヴァをクビ差抑えての勝利を収めました。

前走フェブラリーSではノンコノユメの4着で、実力はあるが勝ちきれないサンライズノヴァが、近5走で2着3回となりました。

 

 

4月22日(日)

京都11R マイラーズカップ(GⅡ)

 

ディープインパクト産駒で4番人気サングレーザーが、フランケル産駒の2番人気モズアスコットに1. 1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったサングレーザーは昨秋スワンSで重賞初制覇となり、マイラーズカップで重賞2勝目となりました。

スワンSで勝った後も好調を維持してマイルチャンピオンシップ・阪神カップを3着。今回、休み明けから即重賞勝ちとなり、次走も楽しみです。

 

 

東京3R 3歳未勝利

 

ノヴェリスト産駒で1番人気ラカージェが、ローズキングダム産駒で3番人気ブラックキングダムに1. 1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったラカージェの母は2008年エリザベス女王杯覇者リトルアマポーラです。

 

 

東京11R フローラS(GⅡ)

 

ディープインパクト産駒で1番人気サトノワルキューレが、ルーラーシップ産駒で13番人気のパイオニアバイオをクビ差捕らえての勝利を収めました。この2頭がオークスの優先出走権を手にしました。フローラS組が今年はどんな走りを見せてくれるのか、オークスがまた楽しみになりますね。

 

 

(中山祐介)

津村明秀騎手、第1回福島競馬リーディングジョッキーに!

4月22日(日)をもって、春の開催を終えた福島競馬。

その第1回福島競馬の開催リーディングジョッキーに、津村明秀騎手(美浦・フリー)が輝きました。

 

以下、リーディング3位までの順位となります。

 

第1回福島競馬リーディングジョッキー順位

1位        津村明秀騎手    (9勝、2着2回、3着2回)

2位        丸山元気騎手    (8勝、2着3回、3着3回)

3位        川又賢治騎手    (4勝、2着1回、3着8回)

 

 

津村騎手3週連続でメインレースを勝利するなど、9勝をあげ、開催リーディングジョッキーとなりました。

 

津村騎手、おめでとうございます!

次の新潟開催での活躍にも期待したいですね。

 

競馬ブログ&WEBフリーペーパー『ウマフリ』2017年公開記事の振り返り【9~12月】

2017年の競馬ブログ&WEBフリーペーパー『ウマフリ』の記事振り返り企画。

前回までの振り返り記事は以下の通りです。

uma-free.hatenablog.com

uma-free.hatenablog.com

 

最終回となる今回は【9~12月】の記事をご紹介します。

 

 

9月

東京から日帰りで競馬を満喫?九州唯一のJRA競馬場 小倉競馬場・後編

 

前編で小倉競馬場について詳しくなったら、後編では競馬場の外へと飛び出します。

映画のロケ地を巡ったり、美味しいグルメを求めたり、スタジアムでスポーツを楽しんだり。

競馬以外にも楽しめる、北九州市の魅力が満載の記事です。

 

www.uma-furi.com

 

高知競馬場弾丸旅行~ぼっち編~

f:id:umauma-free:20180422225710j:plain

(写真・s.taka)

 

フリオーソの大ファンである筆者は、フリオーソの初年度産駒であるフリビオンのため、ひとり、高知へ。

観光を楽しむのも、競馬を楽しむのも、自由気ままな一人旅。

これを読めば「高知競馬、遠くて行けないな」なんて、言っていられません。

 

www.uma-furi.com

 

映画一本分の空旅で着く海外競馬 ~ 韓国“Let's Run Park Seoul”①

 

全4回に渡るソウル競馬場遠征記です。

第1回の今回は、ソウル競馬場に着き、荷物を置くところまで。

道中の大変ながらも楽しげな様子やソウル競馬場の写真から、読んでいるこちらもわくわくしてきます。 

 

www.uma-furi.com

 

光の道標~マジェスティバイオ~

 

名ジャンパー・マジェスティバイオ。

障害も平地も関係なく、紡がれていくのは人と馬との忘れられない物語。

確かな語りに導かれ、その蹄跡を辿ってみませんか?

 

www.uma-furi.com

 

映画一本分の空旅で着く海外競馬 ~ 韓国“Let's Run Park Seoul”②

 

第2回の今回は、いよいよソウル競馬場の場内散策へ。

盛りだくさんな写真は、臨場感たっぷり!

競馬場自体は広いのに、馬や騎手とのこの近さ。ぜひご覧になってみてください。

 

www.uma-furi.com

  

雲が晴れたら~アップトゥデイト~

 

障害競走が盛り上がっている、今。

アップトゥデイトを「オジュウチョウサンのライバル」で終わらせないためにも、ぜひ読んで欲しい記事です。

アップトゥデイトと、彼を見つめる人々の眩さを感じてください。

 

www.uma-furi.com

 

角居調教師の海外挑戦

 

「世界に挑戦できる人と馬を作りたい」

そんな角居調教師の想いはきっと、多くの馬と人に引き継がれていきます。

2021年2月までも、それ以降も、挑戦は続いていきます。

 

www.uma-furi.com

 

映画一本分の空旅で着く海外競馬 ~ 韓国“Let's Run Park Seoul”③

f:id:umauma-free:20180422230453j:plain

(写真・岸本真哉)

 

前回にコースとスタンドを散策し、今回はパドックからスタート。

座って見られるパドック、そして、ファミリー感のある場内。

日本とはまた違った、ソウル競馬場の雰囲気をお楽しみください。

 

www.uma-furi.com

 

10月

映画一本分の空旅で着く海外競馬 ~ 韓国"Let's Run Park Seoul"④

 

最終回となったソウル競馬場訪問記。

いよいよ韓国3冠レース第3戦のMinister's Cup(KGⅡ)を観戦します。

さて、レースの結末は、旅の結末はいかに?! 

 

www.uma-furi.com

 

期待の2歳馬、モンアムール・フードゥルブラン 

 

モンアムール、フードゥルブラン。

共に無事デビュー戦を終え、たった1度きりの3歳のこの時を駆け抜けようとしています。

馬主の平井裕さんへのインタビューを踏まえての記事、現場の生の声が聞こえてくるようです。

 

www.uma-furi.com

 

香港遠征記・後編

 

毎年日本馬も多く出走している、香港国際競走。

競馬という枠を越え、エンターテイメント、香港を代表する一大イベントとなっています。

その盛り上がりの様子が、文章から写真から、ひしひしと伝わってきます。

 

www.uma-furi.com

 

Hop,Step,High Jump!・前編

 

障害レースの魅力を知りたい!というのならば、この記事。

「障害レースに興味はあるけれど……」といった人のための、まず最初の入り口となるような記事です。

筆者の障害レースに対する、熱いながらも優しい想いが伝わってきます。

 

www.uma-furi.com

 

Hop,Step,High Jump!・後編

 

前編でぐっと惹き込まれたら、更に一歩踏み出して、後編へ。

ここではオジュウチョウサンの魅力と、第二の馬生で活躍中の障害馬について語られています。

最後の一文から感じられる「希望」を、ぜひ感じて欲しいです。

 

www.uma-furi.com

 

 はじめて盛岡、南部杯遠征。

 

まず、冒頭から筆者のその人柄に惹き込まれます。

遠征して、馬券は負けても、得るものは必ずある。

真摯に競馬を楽しんでいらっしゃるその姿勢、ぜひとも見習いたいです。

 

www.uma-furi.com

 

フジノウェーブを語り継ぐこと~地方と中央、その垣根を越えて~

 

JBCスプリントを制した、大井の雄・フジノウェーブ。

JBCを地方馬が勝つことは非常に難しいとされています。

中央と地方についても、考えてみたくなる記事です。

 

www.uma-furi.com

 

金沢JBC観戦記~日本競馬史上、初の一日~

 

2013年に金沢競馬場で開催されたJBC。

当時の写真、そして筆者の記憶をたどり当日の様子をまとめた金沢JBC観戦記です。

地方競馬が盛り上がる一日、JBCデーをお楽しみください。

 

www.uma-furi.com

 

昔からある場所 大井競馬場・4号スタンドの今とこれから

f:id:umauma-free:20180422225850j:plain

(写真・和良拓馬)

 

大井競馬場・4号スタンド。

そこは昔からの「競馬場」の雰囲気でわたしたち競馬ファンを迎え入れてくれる場所。

時代とともに変わりゆく競馬場の姿をまっすぐに見つめた記事です。

 

www.uma-furi.com

 

盛岡JBC観戦記~4度のG1ファンファーレが鳴った日~

 

2014年に盛岡で開催されたJBC。

4度のG1ファンファーレの真相とは?

当時を知る人は、記憶を蘇らせながら読んでみると面白いかもしれません。

 

www.uma-furi.com

 

11月

振り返れば必然の勝利――レギュラーメンバー

 

ロジータの孫であるレギュラーメンバーのJBCクラシック制覇。

今振り返ってみると、必然だった、と思わずにはいられません。

改めて「競馬はドラマ、さながら血統のドラマである」と感じた記事でした。 

 

www.uma-furi.com

 

JBC観戦記~2014年・盛岡編~

 

12年ぶりに盛岡で開催の運びとなった2014年のJBC。

当日、岩手がぎゅっと詰まった競馬場でJBC観戦した筆者。

レースだけでなく、イベントも充分に楽しんだ様子をぜひ記事でご覧ください。

 

www.uma-furi.com

 

[インタビュー]義英真騎手、22歳の自分。

 

JRAジョッキー・義英真騎手へのインタビュー記事です。

「そんなことまで答えてくれるんですか?!」と言いたくなってしまうほどの、赤裸々トークは必見です。

競馬のことのみならず、プライベートな部分まで、義英真騎手ファンはお見逃しなく!

 

www.uma-furi.com

 

12月

アポロマーベリック~大障害コースに咲いた華~

f:id:umauma-free:20180422230231p:plain

(写真・すぺっきお)

 

彼がきっかけで障害レースを見始めた人も多いという、そんな魅力に満ちたアポロマーベリック。

筆者の文章からはアポロマーベリックがどんな馬だったのかのみならず、どんな風に愛されていたのかまで伝わってきます。

大障害コースに響くファンの拍手が、この記事を読んだ後には、きっと違って聞こえるはずです。

 

www.uma-furi.com

 

キタサンブラック~穴馬から絶対王者へ~

f:id:umauma-free:20180422225956p:plain

(写真・ウマフリ写真班)

 

稀代の名馬・キタサンブラック。

ラストランである有馬記念を有終の美で飾ったことは記憶に新しいかと思います。

未来のキタサンブラック産駒の活躍を思いつつ、現役時代を振り返りましょう。

 

www.uma-furi.com

 

 

 以上、2017年【9~12月】のウマフリ掲載記事のご紹介でした!

 

 

(笠原小百合)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ