【先週の競馬】キタサンブラック春盾連覇&ネオリアリズム国際GⅠ制覇!など

ディープインパクトを超える衝撃。

今朝のスポーツ新聞に踊るそれらの文字は決して過言ではないでしょう。

記録・記憶ともに衝撃的な瞬間を目の当たりにした先週の天皇賞(春)

その興奮冷めやらぬうちに、先週のレース回顧をお届けします! 

 

4/29(土)

東京11R テレビ東京青葉賞(GⅡ)3歳オープン(芝2400) 

晴れ渡る府中の空の下、良馬場で行われたテレビ東京青葉賞

日本ダービーへの挑戦権を賭けた一戦は、単勝1.5倍の圧倒的1番人気に応え、アドミラブルが快勝しました。 

 

最後方から競馬を進めたアドミラブルは、1000メートル手前からじわじわと前に進出。

4コーナーでは中団の大外につけると、直線、坂の手前で一気に先頭に躍り出ます。

そのままゴールまで他馬を寄せ付けず、後を追うベストアプローチ以下を突き放すような形で、2馬身半差の力強い勝利となりました。 

 

2着は4番人気ベストアプローチが入り、日本ダービーの優先出走権を獲得。

3着は8番人気のアドマイヤウイナーでした。

アイドルPOGチャレンジで久野ひなさんが指名していたポポカテペトルは4着。

健闘はしましたが、日本ダービー出走まではあと少し及びませんでした。

 

4/30(日)

京都11R 天皇賞(春)(GⅠ)4歳以上オープン(芝3200) 

キタサンブラックVSサトノダイヤモンドVS伏兵たち

という図式が盛り上がりを見せた天皇賞(春)

その軍配は、有無を言わせぬ強さを見せつけたキタサンブラックに上がりました。 

 

ヤマカツライデンが早いペースで大逃げをみせ、離れた2番手を進む形となったキタサンブラック

向こう正面では15馬身ほどの差があったものの、

徐々に差を詰めると第4コーナーで先頭に立ちます。

そこからはまさに横綱相撲と言えるでしょう。

迫りくるシュヴァルグランサトノダイヤモンドの追撃を物ともせず、

キタサンブラックが春の盾連覇を達成しました。 

 

天皇賞(春)の連覇は史上4頭目。

3分12秒5という走破タイムは、ディープインパクトが守ってきたレコードを0.9秒縮める結果に。

また、1番人気での勝利もディープインパクト以来11年ぶりと、記録にも記憶にも衝撃を与える結末となりました。 

 

レース後、3200メートルを走った後とは思えないくらい涼しい顔をしていたキタサンブラック

鞭をクルッと回してみせた武豊騎手も印象的でした。

秋の凱旋門賞遠征プランも本格的に動き出したようで、これからもキタサンブラックから目が離せませんね!

 

沙田8R  クイーンエリザベスⅡ世カップ(GⅠ)(芝2000) 

所変わってシャティン競馬場では、香港の下半期における中距離王者決定戦・クイーンエリザベスⅡ世カップ(GⅠ)が開催。

日本からはネオリアリズムが出走するということで、海外馬券も発売されました。 

 

レースは逃げ馬不在ということもあり、超スローの展開に。

掛かり気味のネオリアリズムはなだめられるようにして後方に控える形となりました。

スローな流れを打ち破ったのは、早めに仕掛けたモレイラ騎手ネオリアリズム

1000メートル過ぎた頃に先頭を奪うと、そのまま粘り込んで押し切り、見事勝利を収めました。

2着はパキスタンスター、3着はワーザーでした。 

 

ネオリアリズムはついに香港の地で悲願のGⅠ初制覇。

また半兄であるリアルインパクトは豪州GⅠを勝っており、日本調教馬の兄弟による史上初の国際GⅠ制覇という偉業も成し遂げました。 

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+

 

戸崎圭太騎手JRA通算700勝達成といった嬉しいニュースもあり、週末は本当にわくわくするような素敵な時間を過ごせました。

この時代に生まれて競馬をしていて、本当に良かったと心から思います。 

 

しかし、そんな感動の影で悲しい出来事も起こっているのが競馬です。

天皇賞(春)ではディーマジェスティトーセンバジルが入線後に下馬。

大事には至らなかったものの、心配したファンは多かったはずです。

また土曜新潟3Rでブルーベック、4Rでダローネガ、日曜京都7R ではナムラヘイハチロー予後不良に。

同じく日曜東京2Rではプリンセスジーナ心不全によりレース中に死亡しました。 

 

競馬に事故はつきものです。

だからこそ、競馬が成り立っているその傍らで命を落としている馬たちがいることを忘れずに、これからも誠意を持って競馬を楽しみ、愛していきたいと改めて思いました。

素晴らしいレースを見せてくれ、感動をくれる競走馬、騎手、関係者の皆様に感謝しつつ、また来週に向けて走り出したいです。

 

(笠原小百合)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ