読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Twitter】最強のヴィクトリアマイル勝ち馬は!?アンケート結果発表!

こんにちは!

今週はヴィクトリアマイル

創設は2006年と、まだまだ新しいG1ですが、たくさんの名勝負・たくさんの名牝を世に送り出してきました。

今回はTwitterで「最強のヴィクトリアマイル勝ち馬は!?」というアンケートをとりました。ご投票いただいた皆さま、ご協力ありがとうございました!

 

まずは年度ごとに区切ってアンケートをとります。連覇している馬が2頭いるため、これまでの勝ち馬は全部で9頭。予選は2016〜2011年の4頭と2009〜2006年の4頭ずつにわけてアンケートしました。谷間の1年となった、2008年勝ち馬ブエナビスタはシードで決勝へ。

それではまず予選から。

 

スプリント女王・ストレイトガールが1番の指示を獲得。6歳、7歳での連覇は圧巻でしたね。まだまだ記憶に新しいところかと思います。

2番手は、2013年・2014年と連覇したヴィルシーナを抑えて三冠牝馬アパパネがランクイン。

ブエナビスタとの接戦を制したのは非常に印象的なレースでした。

続いて、2006〜2009年。

 

こちらは、ダービー馬ウオッカが76%という圧倒的な支持率での圧勝!

2番手は桜花賞ダンスインザムード。こちらも他の馬に負けず劣らずの超良血馬ですね。獲得票数の関係で、決勝進出はアパパネに譲ることになりました。

 

さて、いよいよ決勝です。

 

優勝はウオッカでした!

 

さすがに決勝となると、予選ほどの圧勝とまではいきませんでしたが、それでも半数を超える53%という支持率を得ています。

ウオッカヴィクトリアマイルを勝利した年に、安田記念ジャパンカップも制覇しており、圧巻の一言です。ちなみに2009年のヴィクトリアマイルには、カワカミプリンセスレジネッタリトルアマポーラなど各世代の強豪牝馬が集結していました。

 

2番手は、なんと同着!

アンケート期間中、ブエナビスタストレイトガールが抜きつ抜かれつの攻防を繰り返していましたが、お互いに20%という結果に。

お互い別の路線ではありますが、牡馬の一線級とも対等以上にやりあえる2馬でした。

 

おまけでこんなアンケートも。

ストレイトガールの人気も影響してか、スプリント路線から参戦する馬にも想像していた以上の指示が集まっていたのが印象的です。

スプリント女王・ストレイトガールによる連覇は、それまでのヴィクトリアマイルに対するイメージを変えてくれたのかもしれません。

 

 

そんなヴィクトリアマイル

ストレイトガールは引退しています。

新マイル女王の座につくのはどの馬でしょうか?

果たして、どんなタイプの女王が出てくるのでしょうか?

楽しみがとまりませんね!

このワクワクを胸に、出走を待ちたいと思います!

 

 

 

 

(オガタKSN)