読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【今週の注目】樫の女王決定戦!優駿牝馬(オークス)&ダート重賞平安ステークスなど

可憐な乙女たちの一生に一度の晴れ舞台、優駿牝馬

名誉あるオークス馬となるのはどの馬なのでしょうか?

オークスを中心に、今週の注目情報をお届けします!

 

 

5/20(土)

東京4R 3歳未勝利(芝1600m)

 

2016年千葉サラブレッドセールの好調教馬で取り上げたサイレントサード

1枠1番での出走となります。

ここ2戦はともに2着と惜しい競馬が続いています。

まずは勝ち上がりを目指して頑張って欲しいです!

 

京都6R 3歳500万円以下(芝1600m)

 

ここでの注目は5枠9番のミリッサ

アイドルPOGチャレンジにて桜木りなさんが指名されています。

 

前走はチューリップ賞(GⅢ)4着。

父はダイワメジャー、母はシンハリーズ

昨年のオークスシンハライトの半妹となります。

姉と同じ舞台で、とはいきませんでしたが、秋に向けてもここはぜひ1勝しておきたいですね。

 

京都11R 平安ステークス(GⅢ)4歳以上オープン(ダート1900m)

 

前走でダイオライト記念3連覇を達成した クリソライト

目下4連勝中の新星 グレイトパール

前走からダートに挑戦している ラストインパクト

東海ステークス(GⅡ)の勝ち馬 グレンツェント

 

など、面白いメンバー構成となっています。

それぞれの目標に向かって、まずはここを勝ちたいという想いは皆同じ。

どの馬が1着でゴールするのか、今後のダート戦線を占う意味でも楽しみな一戦です。

 

5/21(日)

東京5R 3歳500万円以下(ダート1400m)

 

デビュー5戦目を迎えるマツリダダイキチ

こちらも2016年千葉サラブレッドセールの好調教馬でご紹介した1頭です。

前走は休み明けで15着でしたが、まだまだ上を目指せる馬だと思います。

まずは出遅れずに、無事スタートを切って欲しいですね!

 

東京11R 優駿牝馬(GⅠ)3歳オープン・牝馬(芝2400m)

 

3連勝中の伏兵 モズカッチャン

話題のフランケル産駒 ソウルスターリング

鮮やかな勝利を遂げた桜花賞レーヌミノル

桜花賞12着からの巻き返しを狙う アドマイヤミヤビ

 

など、3歳牝馬クラシックタイトルを賭けて大混戦が予想されます。

 

そして、現在大阪で開催中の武豊展。

そのイベントでは武豊騎手がオークスについて「ずばり何着の予定ですか」という質問に対し「1着になる予定です」と返答し、会場を沸かせました。

騎乗するのは7枠14番リスグラシュー

今までの全6戦すべて3着以内という堅実さで、樫のタイトルを狙います。

 

もう1頭、8枠17番リビアンゴールドをご紹介します。

鞍上は先日亡くなったヤマニンゼファーで初GⅠ制覇を果たした田中勝春騎手。

そして、小島太調教師はこれが牝馬クラシック最後の挑戦となります。

先週に続きステイゴールド産駒の牝馬が勝利となるのでしょうか?

 

まだまだ、彼女たちを忘れてはなりません!

 

デビュー以来常に3着圏内 フローレスマジック

女豹のように鋭く勝利を狙う ミスパンテール

ブラックスピネルの半妹 モーヴサファイア

息の長い末脚は東京向きか ハローユニコーン

今年の桜花賞の上がり最速馬 ディアドラ

寒竹賞では牡馬相手に圧勝 ホウオウパフューム

デビュー2連勝は伊達じゃない ディーパワンサ

12週連続勝利中の角居厩舎所属 ブラックスビーチ

6分の1の抽選突破の勢いそのままに レッドコルディス

スローの逃げ残りあり? ブラックオニキス

レースぶりは良化の一途 ヤマカツグレース

3頭出しの鮫島厩舎所属 マナローラ

 

さあ、すべての出走各馬が揃いました。

百花繚乱の頂上決定戦は日曜15:40にスタートします。

心の準備を整えて、その時を楽しみに待ちましょう!

 

 

(笠原小百合)