【Twitter】最強のオークス馬は?アンケート結果発表!

こんにちは!

今日は待ちに待った優駿牝馬(オークス)です。

春の3歳牝馬戦線、頂点に立つのはどの馬でしょうか⁉︎

 

ウマフリのTwitterアカウント(@Uma_Free)では、オークスにむけて

「年代別、最強のオークス馬は?」

というアンケートを実施しました。

その結果をご紹介します!

 

 

1.2001年以前の最強オークス馬は?

まずは最近のオークス馬として2001年以降のオークス馬たちに目を向けてみます。この世代は記憶にも新しいはずなので、予選をおこなって細かく聞いてみました。

予選第一戦目は、2013年から2016年。

 

 

ここでは昨年のオークスシンハライトが2番手にダブルスコアをつけての快勝。

2番はヌーヴォレコルトメイショウマンボが21%での同着となりました。最下位となってしまったミッキークイーンは、先週のヴィクトリアマイルの敗北が響いた可能性もありますね。

 

続いて、第二戦目の2009年から2012年。このブロックは獲得賞金13億円超えの歴史的名牝が2頭いる激戦区です。

 

結果は、三冠牝馬ジェンティルドンナ過半数の55%の支持を集めての勝利。オークスだけでなく、その後の活躍も印象的でした。

ブエナビスタも39%の高い支持を集めましたが、ここで惜しくも敗退。

 

 

続いて予選三戦目。

2005年から2008年のなかで最強のオークス馬は?

 

 

ここではシーザリオが73%という高い支持を集めての勝利。

無敗のオークスカワカミプリンセスを相手にこの支持率は流石といったところでしょう。シーザリオはその後にアメリカンオークスを勝っただけでなく、母親としてもエピファネイアリオンディーズといったG1馬を送り出している名牝です。

 

 

それでは予選ラストです。対象年度は2001〜2004年。

 

 

三冠牝馬スティルインラブが圧巻の快勝。

2番手には、ダイワエルシエーロがランクイン。こちらはスイープトウショウダンスインザムードなどメンバーが揃っていたオークスを勝利したことも評価を後押ししているのでしょう。

 

さあ、予選がおわりいよいよ決勝です。

2001年以降最強のオークス馬は一体どの馬でしょうか⁉︎

 

 

優勝はジェンティルドンナでした。

しかも、予選の55%よりさらに支持を伸ばし、支持率60%での快勝でした。

25%の支持を集めて2着に食い下がったのはシーザリオ。激しい3着争いを制したのはシンハライトでした。

 

2.1990年代最強のオークス馬は?

 

さて、続いて1990年代。

ここからは、ウマフリ編集部がピックアップした4頭でのアンケートとなります。他の馬を支持する場合はリプライをもらいました。

 

それでは早速、結果を見てみましょう!

 

 

 

多くの名牝を相手に、エアグルーヴが70%という驚異的な票を集めての快勝でした。

アドマイヤグルーヴルーラーシップといったG1馬の母であり、二冠馬ドゥラメンテの祖母であるという、超名牝。

日本競馬界に与えた影響の大きさは計り知れません。そうしたところも支持を集めた理由でしょうか。

他にもリプライではウメノファイバーイソノルーブルへの支持がありました。

 

3.1980年代最強のオークス馬は?

 

ラストは1980年代。

競馬史に残る名牝たちが名を連ねました。

 

 

 

結果は、日本中央競馬史上はじめての牝馬三冠をとったメジロラモーヌの勝利。1987年には顕彰馬に選出された名牝ですね。

2着には、エアグルーヴの母でもあるダイナカールが入りました。3着は二冠馬マックスビューティ

 

 

 

 

アンケート結果発表、お楽しみいただけたでしょうか?

今年のオークスはいったいどの馬が勝つのでしょうか。きっと、先輩オークス馬たちに負けない、素晴らしい名牝となってくれるに違いありません。

優駿牝馬(オークス)、出走を楽しみに待ちましょう!

 

 

(オガタKSN)

 

 

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ