【先週の競馬】今年のダービー馬はレイデオロ!&フェイムゲーム目黒記念制覇など

ダービーの熱狂から一夜明けた月曜日。

あの大舞台での興奮を思い返し、先週の競馬を振り返るのに最適な曜日です。

忘れないうちにレースの感動を改めて噛み締めてみましょう!

 

 

5/27(土)

東京4R 3歳未勝利(芝1600m)

 

新人ジョッキーの武藤雅騎手が騎乗するコンカーアゲンが1着となりました!

 

コンカーアゲンは後方からの競馬となりましたが、向こう正面で徐々に進出を開始すると4コーナーでは中団の位置まで押し上げます。

直線に入ると大外から足を伸ばし、危なげない競馬で勝ち上がりを決めました。

武藤雅騎手はこれがJRA2勝目。

今週の注目で取り上げたオーロラエンブレムは4着でした。

 

東京6R 3歳500万円以下(芝1800m) 

 

勝ったのは、ハービンジャー産駒の2番人気ベストリゾートでした!

 

スタート後すんなり中団につけると、最後の直線、力強く抜け出しました。

2着は重賞戦線を戦ってきたビルズトレジャー、3着は良血馬アドマイヤアゼリ

1番人気だったアンセムは5着という結果になりました。

 

京都1R 3歳未勝利(ダート1200m)

 

6番人気のパイロ産駒クリノケンリュウが勝利!

 

中団のインコースに位置取ると直線では抜群の手応えで伸び、最後は1番人気リガスをクビ差交わしての勝利でした。

ウマフリPOG部指名のマイティドリーム7着でした。

 

京都3R 3歳未勝利・牝馬(芝1800m)

 

ステイゴールド産駒のプロキシマが勝ち上がりとなりました!

 

道中は中団でじっと息を潜めるように折り合っていたプロキシマ

直線で外に出してからは一気に突き抜け、快勝しました。

今週の注目で取り上げたベルダムは15着でした。

 

京都6R 3歳500万円以下(芝2000m)

 

4番人気のハーツクライ産駒サトノグランが1着となりました。

 

今週の注目で挙げていたコロナシオンは7着。

ビッグディザイアは競走中止、残念ながら予後不良となってしまいました。

道中、前を走るコロナシオンビッグディザイアが並びかかろうとした瞬間。

それぞれの母であるブエナビスタレッドディザイアのことが思い起こされました。

競馬の面白さを改めて感じた直後の出来事に、競馬の難しさというものを痛感しました。

ビッグディザイアのご冥福をお祈りいたします。

 

5/28(日)

東京10R 東京優駿(GⅠ)3歳オープン(芝2400m)

f:id:umauma-free:20170529073256j:plain

 

f:id:umauma-free:20170529073339j:plain

f:id:umauma-free:20170529215722j:plain

 

3歳世代の頂点に立ったのはレイデオロでした!

 

マイスタイルの逃げでレースがけん引されると、超がつくほどのスローペースの展開に。

そこで、中団後方にいたレイデオロは向こう正面で一気に進出し、2番手まで浮上します。

直線、残り200メートルを過ぎてから先頭に立つと、迫るスワーヴリチャードを振り切りゴール。

11万人を超える競馬ファンの大歓声の中、レイデオロが見事勝利を収めた瞬間でした。

 

鞍上のルメール騎手はなんと3週連続GⅠ制覇。

同一年にオークスとダービーを勝ったのは42年ぶり5人目です。

管理する藤沢和雄調教師は、19頭目での悲願の初ダービー制覇となりました!

 

f:id:umauma-free:20170529215423j:plain

f:id:umauma-free:20170529214544j:plain

f:id:umauma-free:20170529214707j:plain

 

東京11R 薫風ステークス 4歳以上1600万円以下(ダート1600m)

 

5番人気、武豊騎手騎乗のラインシュナイダーが勝利しました!

 

スタート直後、行きたがる馬たちとの先行争いを制し、先手を奪います。

最後までペースを落とすことなく、見事な逃げ切り勝ちとなりました。

今週の注目で取り上げたイクラトロは10着でした。

 

東京12R 目黒記念(GⅡ)

 

ダービーDAYのラストを飾る目黒記念を制したのは、フェイムゲームでした!

 

フェイムゲームは道中、中団を追走。

先に抜け出したヴォルシェーブを見事な末脚で、ゴール前半馬身かわして差し切り勝ちとなりました。

鞍上のルメール騎手は日本ダービーに続き同一日に重賞2勝。

フェイムゲームは2年3ヶ月ぶりの嬉しい重賞5勝目をあげました。

 

横山典弘騎手とのコンビ復活となったワンアンドオンリーは10着。 

 

f:id:umauma-free:20170529215147j:plain

 

デビュー戦以来の芝挑戦となったラニは17着でした。

 

f:id:umauma-free:20170529215256j:plain

f:id:umauma-free:20170529214409j:plain

 

この他、土曜の東京11Rでの岩田康誠騎手JRA通算1400勝達成もありました。

今週末はどんなドラマがわたしたち競馬ファンを待ち受けているのでしょうか。

次の中央競馬開催が楽しみですね!

 

 

(笠原小百合)(写真:ウマフリ写真班)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ