【ダービーウィーク】日本競馬の『ダービー』は日本ダービーだけじゃなかった

 

 

 

こんばんは!

突然ですが、皆さんは地方競馬にもダービーがあるのをご存知ですか?
JRAで開催されているダービーだけで終わってしまっては勿体無い!
この記事を読んで、地方の「ダービーシリーズ」を楽しみましょう!
 
 

ダービーシリーズとは?

 
2006年より開始された、各地方競馬団体で協力して各地のダービーを短期集中開催する!というイベントです。
2016年まではダービーWeekという名称でしたが、今年からは改名されています。
変わったのは名前だけではありません!
高知の「高知優駿」と金沢の「石川ダービーの2レースが新たに参加する事になったのです。
これまで参加していたレースも含めて合計8つのダービー、楽しみましょう。
 

各ダービー、今年の日程と注目

5/28(日)佐賀 九州ダービー栄城賞(2000m)

 

まずダービーシリーズの初戦を飾るのが、この九州ダービー栄城賞。JRAの「日本ダービー」と同日の開催となります。
こちらはすでにレースが終了していまして、リーチザクラウン産駒のスーパーマックスが勝利しています。
単勝1.1倍の人気に応えての勝利で、佐賀皐月賞に加えての二冠達成となりました。

いまだ九州では負けなし。今後の期待も広がります!


6/1(木)門別 北海優駿(ダービー) (2000m)

 

ダービーシリーズ2戦目は、競走馬のふるさと北海道が舞台です。

例年非常に高いレベルでの戦いが目立つこのレース、今後の活躍が期待される地方のホープが集います。

一冠目となる北斗盃では岩手からの遠征馬ベンテンコゾウが勝利をあげ、連勝を4に伸ばしました。

地元勢からは北斗盃2着馬ストーンリバー・3着馬バリスコアや、現在2連勝中のモンサンルリアンなどが出走します。


6/6(火)名古屋 東海ダービー (1900m)

 f:id:umauma-free:20170531185643j:image

現在東海地区で圧倒的な走りを見せてくれているカツゲキキトキトが昨年勝利したレースとなります。

ウマフリの東海ダービー紹介記事も参考にしてください。

東海ダービーと初心者のための名古屋競馬観戦スポット - ウマフリ.com

 

6/7(水)大井 東京ダービー (2000m)

 

ダービーシリーズ4戦目は東京ダービー。

やはり非常に高いレベルでの攻防が繰り広げられます。

昨年度はJRAから地方に移籍した直後のバルダッサーレが勝利をあげています。

「南関東生え抜き組」VS「中央からの移籍組」VS「他地区からの移籍組」

という見方も面白いかもしれません。

一冠目となる羽田盃は中央から移籍したキャプテンキングが獲得していますが、さすがにメンバーの揃う東京ダービー。そう一筋縄ではいかないかもしれません。逆にここを快勝するようですと、史上8頭目となる南関東三冠馬への道が見えてきます。

「南関東生え抜き組」からは羽田盃には不参加だったブラウンレガートポッドルイージなどにも注目したいところです。

 

6/11(日)水沢 岩手ダービーダイヤモンドカップ (2000m)

 

折り返しとなるのは岩手ダービーダイヤモンドカップです。

地方出身の名馬メイセイオペラもこのレースを過去に勝利しています。

昨年優勝したエンパイアペガサスもその後7戦5勝と活躍中です。

岩手競馬の魅力について書かれた記事もご覧ください。

岩手競馬の魅力 - ウマフリ.com

 

6/15(木)園田 兵庫ダービー (1870m)

 

兵庫ダービーはここ6年間のうち、5勝は木村健騎手のものという素晴らしい相性をみせています。

昨年はノブタイザンの優勝で単勝払い戻しが4150円、三連単払い戻しは60万円を超えるという波乱でしたが、今年はどうなるのでしょうか?

一冠目はドリームジャーニー産駒であるドリームズラインが1番人気で勝利をおさめています。

6/18(日)高知 高知優駿 (1900m)

今年からダービーシリーズの仲間入りを果たした高知優駿。

高知の三冠レースは「黒潮皐月賞」「高知優駿」「黒潮菊花賞」とわかりやすいのも注目したいところです。

高知優駿の中心は、現在13戦して9勝という高い勝率を誇る「黒潮皐月賞」勝ち馬、フリビオンになりそうです。ダートの名種牡馬フリオーソの子供として、父を彷彿させる走りをみせられるでしょうか!

6/20(火)金沢 石川ダービー (2000m)

 

2017年ダービーシリーズ、ラストを飾るのは今年創設されたばかりの「石川ダービー」です!

なんといっても「初代」石川ダービー馬という響きは甘美なものですね。どの陣営も最初の称号を目指して一段と競い合うことが予想されます。

金沢では1999年~2004年のあいだ、日本海ダービーという競走が開催されていましたが、廃止されています。どうかこの石川ダービーが長く続き、歴史ある競走となれば良いな、と応援したくなります。

 

地方の三冠競走ってどんな体系?

 

ウマフリでは2016年の開催をベースに、各地の地方三歳クラシックの解説記事を掲載しています。石川ダービーの創設が決まる前の記事ではありますが、参考にしてください!

北海道・岩手地区

ホッカイドウ競馬・岩手競馬3歳クラシック路線について - ウマフリ.com

東海・北陸地区

東海地区・北陸地区3歳クラシック路線について - ウマフリ.com

南関東地区

 

南関東・牡馬3歳クラシック路線について - ウマフリ.com

南関東・牝馬3歳クラシック路線について - ウマフリ.com

近畿地区

 

近畿3歳クラシック路線について - ウマフリ.com

四国・九州地区

九州地区・四国地区3歳クラシック路線について - ウマフリ.com

 

さいごに

 

日本ダービーでも各地方のダービーでも、ダービーへ出走するということはそれだけでも非常に難しいことです。

その選び抜かれた馬たちの戦いに、どうぞご注目ください!

 

(オガタKSN)(写真:Y.Noda)

 

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ