【先週の競馬】サトノアラジン悲願の初GⅠ制覇の安田記念&鳴尾記念はステイインシアトル逃げ切りVなど

東京競馬場での5週連続GⅠ開催。

その最後を飾る安田記念を中心に、先週の競馬も盛り上がりをみせました。

次に繋げるためにも、しっかり振り返っておきましょう!

 

 

6/3(土)

阪神5R メイクデビュー阪神 2歳新馬(芝1600m)

 

来年の大舞台に向けて、早くも先週からスタートした2歳戦。

その勝ち上がり一番乗りとなったのはケイアイノーテックでした!

 

ケイアイノーテックは好スタートを決めると、道中3、4番手に控えます。

最後の直線に入るとインコースからすっと抜け出して先頭へ。

そのまま後続との差を広げ、2着バイオレントブローと2馬身差の勝利を収めました。

 

ディープインパクト産駒のケイアイノーテックは、現役時代にダート重賞2勝をあげたケイアイガーベラを母に持ちます。

調教から動きも良く、期待通りの完勝となりました。

 

今後は放牧に出て、秋からまた始動するとのこと。

GⅠに向けての旅路は、まだはじまったばかり。

これからの活躍が楽しみですね!

 

阪神11R 鳴尾記念(GⅢ)3歳以上オープン(芝2000m)

 

武豊騎手騎乗の3番人気ステイインシアトルが嬉しい重賞初制覇となりました!

 

スタート後、ステイインシアトルは無理なく先頭に躍り出ると、レースの主導権を握ります。

3、4コーナーを回りながらミュゼエイリアンに並びかけられますが、それを振り切るとゴール前、迫るスマートレイアーにクビ差をつけて、鮮やかな逃げ切り勝ちとなりました。

 

ステイインシアトルは脚部不安での1年7ヶ月の休養もあり、6歳牡馬ながらまだキャリア10戦目。

武豊騎手を背にした逃げ切り勝ちは今回で4回目となっています。

鞍上の手腕と、相性の良さがうかがい知れますね。

今後はサマー2000シリーズへの参戦を予定しているとのことで、今年の夏を熱く盛り上げてくれそうです。

 

6/4(日)

東京4R 3歳未勝利(芝2400m)

 

ルーラーシップ産駒のホウオウドリームが勝利しました!

 

ホウオウドリームはスタートを出遅れた上、スローペースの展開に。

しかし、直線で大外から一気に駆け上がると、2着タイセイレイザーに3/4馬身先着し、デビュー2戦目での勝ち上がりを決めました。

 

ホウオウドリームは、母があのメジロドーベルという良血馬です。

まずは1勝。

そして、目指すはクラシック最終戦・菊花賞とのこと。

これから競馬ファンにたくさんの夢をみせて欲しいですね!

 

今週の注目で取り上げたベストダンスは9着でした。

 

東京11R 安田記念(GⅠ)3歳以上オープン(芝1600m)

 

サトノアラジンが悲願の初GⅠ制覇を達成しました!

 

中団後方に位置をとったサトノアラジンは、3コーナーを過ぎるあたりから進出を開始。

最後の直線、逃げ粘る昨年の覇者ロゴタイプをクビ差交わしての勝利となりました。

 

香港から参戦のビューティーオンリーコンテントメントはそれぞれ6着、10着という結果でした。

 

サトノアラジンは父ディープインパクト、母マジックストーム、母父ストームキャットという血統。

セレクトセールで1億円超えの高額取引馬としても注目されていました。

重賞は2016年に京王杯スプリングカップ、スワンステークスと2勝しており、これが3勝目。

GⅠ挑戦7回目で悲願の勝利を掴み取りました。

 

 

また、2歳戦では新種牡馬のノヴェリストロードカナロアの産駒がそれぞれ勝利。

同じく今年産駒がデビューを迎えるオルフェーヴルエイシンフラッシュローズキングダムらが後に続くことは出来るのか、非常に楽しみですね!

 

 

(笠原小百合)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ