【今週の注目】GⅠは中休みでも競馬に休みなし!エプソムC&マーメイドS&海外GⅠベルモントSなど

安田記念も終わり、毎週開催されていたGⅠレースも中休み期間に入ります。

宝塚記念までGⅠレースはお休みですが、競馬は待ったなし。

日曜には重賞が2レース組まれており、2歳馬も続々デビューを迎え、おまけに海外競馬もあり目が離せません。

今週の注目情報を共にチェックしていきましょう!

 

 

6/10(土)

東京6R 3歳未勝利(芝2000m)

 

昨シーズンのウマフリPOG部指名馬だったモクレレが出走します!

 

2月のデビュー戦を6着で終えると、右前第1指骨を骨折したため休養していました。

怪我を克服してデビュー2戦目を迎えるモクレレ

ディープインパクト、母アパパネの良血馬です。

高い素質を持った馬ですので、ぜひその能力を発揮して欲しいと思います!

 

東京11R アハルテケステークス 3歳以上オープン(ダート1600m)

 

アハルテケ」は中央アジアで生産されている品種の馬です。

毛は金色の光沢を放ち、「黄金の馬」と呼ばれています。

また、一日に数千kmを走る持久力を持つことから、一日に千里を走るという中国の歴史上の名馬「汗血馬」の子孫ともいわれています。

東京競馬場を訪れる際に「府中競馬正門前駅」を利用されている方の中には、改札を出て左の広場に金色の馬像があるのをご存知の方も多いと思います。

実は、その金色の馬像がアハルテケなのです。

 

そんなアハルテケステークスの今年のメンバーには、

 

同条件のレースを快勝しているカネヒキリ産駒のアルタイル

トップハンデの8歳馬 ブライトライン

タピットの2連勝馬 ゴールデンバローズ

ジャパンダートダービー制覇の実績馬 カゼノコ

 

などがおり、土曜競馬注目の一戦となっています!

 

6/11(日)

東京11R エプソムカップ(GⅢ)3歳以上オープン(芝1800m)

 

1983年、東京優駿(日本ダービー)が50回を迎えた際に、東京競馬場と英国ダービーを開催するエプソム競馬場が姉妹競馬場として提携。

翌年から東京競馬場で「エプソムカップ」を、エプソム競馬場では「The JRA Condition Stakes」が行われるようになりました。

そんなイギリスとの親善を図るエプソムカップも今年で34回目となります。

 

早め先頭で押し切る競馬を狙う マイネルミラノ

前走はGⅠヴィクトリアマイル2着の実力馬 デンコウアンジュ

2012年に勝利したこのレースで復活を目指すビワハイジの仔 トーセンレーヴ

同条件のメイステークスからワンツースリーフィニッシュのメンバーが参戦 タイセイサミットアストラエンブレムクラリティスカイ

 

など、魅力的な馬たちが揃っています。

今年はどんなレースになるのか、とても楽しみですね!

 

阪神11R マーメイドステークス(GⅢ)3歳以上オープン(芝2000m)

 

マーメイドステークスは阪神競馬場で行われる牝馬限定戦です。

 

GⅢ3連続3着の善戦ホース クインズミラーグロ

中山牝馬に続く重賞2勝目を狙う トーセンビクトリー

3ヶ月ぶりでも仕上がり良好!芦毛のマキシマムドパリ

実力発揮で巻き返しを図る ビッシュ

 

などが出走します。

「荒れるレース」とも言われているマーメイドステークス。

穴馬を探して応援するのも楽しそうですね!

 

ベルモントパーク競馬場(アメリカ)11R ベルモントステークス(GⅠ)3歳(ダート2400m)

 

アメリカのクラシック三冠、最後の一冠を飾るベルモントステークス。

昨年3着に大健闘したラニに続き、今年は日本からエピカリスが出走予定です。

 

日本の期待を一身に背負うエピカリス

しかし、7日午後に右前脚の歩様に違和感を覚え、蹄のケアを行うとともに消炎剤が投与されました。

出走に問題はないと言われていますが、最終的な判断は当日朝になってからになりそうです。

出走するにせよ、しないにせよ、とにかく無事に日本へ帰ってきて欲しいですね。

 

ベルモントステークスは日本時間の日曜朝7:37に出走予定です! 

 

 

(笠原小百合)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ