未来の名馬を探せ!セレクトセールを楽しむための5記事

日本最大の競走馬のセリとして国内外から注目を集めるセレクトセール

今年は7/10(月)に1歳、7/11(火)に当歳のセレクトセールが、北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて開催されます。

 

昨日、7/10(月)に行われた1歳馬部門では15頭が1億円超えとなるなど、高額取引馬が続出。

落札総額は86億3450万円(税抜)。

1頭平均価格は3997万円

これはいずれも過去最高で、2016年セレクトセール1歳馬部門の落札総額、平均価格を更新する結果となりました。

 

最高価格となったのはリッスンの2016(牡、父ディープインパクト)。

その価格はなんと2億7000万円

「サトノ」のオーナーである里見治氏に落札されました。

 

そして本日、当歳馬部門が開催されます。

今年の当歳では新種牡馬のキズナゴールドシップフェノーメノリアルインパクトエピファネイアスピルバーグの仔が上場予定となっています。

初年度産駒の評価はファンも気になるところですよね!

 

競馬関係者のみならず競馬ファンも胸高鳴る夏の一大イベント。

そんなセレクトセールにまつわる記事をまとめてみました!

 

 

記事1「セレクトセールの歴史と変遷」

 

セレクトセールについて知りたい人はまずこの記事をご覧ください!

過去のセレクトセールを振り返りつつ、現在に至るまでの変遷を辿っています。

記事内には、セレクトセールと日本の競馬界の関係を掴むヒントも。

セレクトセールを知るのにも、日本競馬界の将来を思案するのにもオススメの記事です。

 

セレクトセールの歴史と変遷 - ウマフリ.com

 

 

記事2「セレクトセール出身G1馬たちの、上場時写真を見てみよう!」

 

セレクトセール出身でG1を勝利した馬たちの上場時の写真を掲載しています。

2007年1歳のナカヤマフェスタからはじまり、トーセンジョーダンディープブリランテジャスタウェイサトノダイヤモンドなど。

まだ若かりし頃の名馬たちの写真が見られますよ!

落札価格も表記してあるので、そこから色々考えを巡らせるのも面白そうですね。

 

セレクトセール出身G1馬たちの、上場時写真を見てみよう! - ウマフリ.com

 

 

記事3「セレクトセール、各年度の最高額・最低額落札馬の成績は?」

 

タイトルの通り、2007年度から2011年度までの最高額・最低額落札馬の成績を上場時の写真つきで振り返っています。

最高額・最低額落札馬、それぞれの馬体を比べてみたり、価格差に思いを馳せたり。

価格に見合う成績だったかなどを思案するのも含め、楽しみ方は色々。

アズユーライクでお楽しみいただける記事となっています!

 

セレクトセール、各年度の最高額・最低額落札馬の成績は? - ウマフリ.com

 

 

記事4「クイズ・この写真の一歳馬は!?〜G1馬編〜」

 

ウマフリだよりで過去に出題したクイズ記事です!

内容は実にシンプル。

1歳上場時の写真を見て、後にG1を勝ったどの馬かを当てるというクイズです。

記事2で予習をしておくと簡単にクリア出来る、はず!?

ぜひ挑戦してみてください!

 

uma-free.hatenablog.com

 

 

記事5「クイズ・写真で予想、高額落札馬はどちら!?」

 

こちらもウマフリだよりのクイズ記事。

AとB、2枚の写真を見比べて、どちらが高額落札馬かを当てるといったクイズです。

なかなかパッと見ただけでは見分けが難しい競走馬の馬体。

このクイズがわかったら、目利きのプロ、かもしれません……!

今日行われるセレクトセールでも、その目利きで良い馬を探し出してみてください!

 

uma-free.hatenablog.com

 

 

 

いかがだったでしょうか?

取り上げた5つの記事はどれもセレクトセールがもっと楽しくなりそうな記事ばかり。

ぜひ目を通していただき、今年も、来年以降のセレクトセールも存分に楽しみましょう!

 

最後になりましたが、今年のセレクトセールも盛況のまま無事閉幕することを祈っています!

 

 

(笠原小百合)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ