【今週の注目】瞬き厳禁の直線勝負!アイビスサマーダッシュ&クイーンステークスに集いし乙女たちなど

今週から新潟、小倉、札幌の開催がスタート。

いよいよ夏競馬も後半戦に突入します!

 

開幕週である今週は、それぞれの競馬場で重賞競走が組まれています。

 

九州の競馬ファンが待ちに待った小倉開催、最初の重賞となる小倉サマージャンプ

今や夏の新潟の風物詩ともいえる直線1000m勝負 アイビスサマーダッシュ

札幌の地で実現となる女王対決の結末や如何に クイーンステークス

 

この3レースを中心に、今週の注目情報を一緒に見ていきましょう!

 

 

7/29(土)

小倉8R 小倉サマージャンプ(J・GⅢ)障害3歳以上オープン(芝3390m)

 

今週からスタートする小倉開催。

そのはじまりを告げる重賞は障害GⅢである小倉サマージャンプです。

 

注目したいのは、芦毛の馬体が美しいアップトゥデイト

もちろん見た目だけでなく、その戦績も魅力たっぷりです。

 

2015年中山グランドジャンプ、中山大障害とJ・GⅠを2勝。

メンバー中唯一のGⅠ馬で、能力は一枚上手です。

ここ3戦の負けはすべてオジュウチョウサンに敗れていますが、今回はその最大のライバルは不在。

一昨年に小倉サマージャンプを制しており、今回は二度目の優勝を狙います。

 

ウマフリにもアップトゥデイトの記事がありますので、是非あわせてご一読ください!

 

アップトゥデイト~障害界の太陽~ - ウマフリ.com

 

そして、そんなアップトゥデイトの勝利に待ったをかけるライバルたちも忘れてはなりません。

 

平地重賞を勝った過去を持ち、障害でも好走を見せているソロル

復活を狙う4年前の小倉サマージャンプの覇者 オースミムーン

他にもテイエムシシーポスメリーモナークメイショウヒデタダなどが虎視眈々と勝利を目指します。

 

夏の障害重賞を制するのはどの馬なのでしょうか?

土曜日はぜひ障害レースも楽しんでみてください! 

 

7/30(日)

新潟1R 2歳未勝利(芝1600m)

 

ミルファームの2歳馬情報に取り上げたオルレアンノムスコが出走します!

 

オルレアンノムスコは6/10の新馬戦で10着になって以来、はじめての未勝利戦となります。

父はパイロ、母はオルレアンノオトメです。

オルレアンノオトメはミルファームの清水社長のお気に入りというお話を伺ったこともあり、その初仔であるオルレアンノムスコにも自然と期待がかかります。

デビュー2戦目での勝ち上がりをぜひ決めて欲しいです!

 

↓ミルファーム関連の記事はこちらです。

ミルファームの2歳馬情報~チャンスを狙う野望とともに~ - ウマフリ.com

ミルファームのお話 - ウマフリ.com

 

新潟11R アイビスサマーダッシュ(GⅢ)3歳以上オープン(芝1000m)

 

コーナーなしの直線勝負が迫力満点のアイビスサマーダッシュ

日本で唯一の直線コース、1000mの重賞です。

夏の新潟はこのレース抜きでは語れませんよね!

今年も多彩なメンバーが集結しています。

 

サマースプリントシリーズ開幕2連勝中の北村友一騎手と挑む プレイズエターナル

鞍上はデビュー勝ちした戸崎圭太騎手、昨年2着の実力馬 ネロ

前走に同条件・新潟1000mの韋駄天Sを制した フィドゥーシア

 

他にも、今年に入ってからのレースはすべて掲示板のラインミーティアや、若い3歳世代からはレヴァンテライオンレジーナフォルテ、CBC賞2着のアクティブミノルらが出走します。

 

瞬き厳禁の電撃の一戦、ぜひその目に焼き付けてください。

 

札幌11R クイーンステークス(GⅢ)3歳以上オープン・牝馬(芝1800m)

 

北の大地の舞台は、函館から札幌に移ります。

開幕週の重賞は牝馬限定のクイーンステークスです。

今年は「豪華メンバー」と言っても過言ではないでしょう。

 

注目されているのは、アドマイヤリードアエロリットのGⅠ馬対決です。

 

アドマイヤリードは今年のヴィクトリアマイル(GⅠ)を制覇。

最後の直線でスマートレイアーソルヴェイグの間から持ち前の勝負根性で抜け出す姿は、今でも鮮やかに蘇ります。

小さな体ながら懸命に走る姿は、どこか父ステイゴールドを彷彿とさせます。

 

f:id:umauma-free:20170516140620j:plain

 

対するアエロリットは今年のNHKマイルカップ(GⅠ)を制した3歳牝馬。

桜花賞では「まだ乙女」と鞍上の横山典弘騎手がコメントしていましたが、NHKマイルでは成長した姿を見せてくれました。

見事3歳マイル王者に輝いたアエロリット

クイーンカップはアドマイヤミヤビの2着に敗れましたが、クイーンステークスは同じ勝負服のアドマイヤリードを打倒すべく、勝利を狙います。

 

f:id:umauma-free:20170508164508j:plain

 

そして、今年のGⅠ馬2頭だけではありません。

クイーンの名の下、有力牝馬たちが札幌の地に集結しています。

 

今年に入ってから4戦2着1回3着3回と惜しい競馬が続いている クインズミラーグロ

愛知杯、マーメイドSと重賞連勝中のマキシマムドパリ

昨年の秋華賞2着、エリザベス女王杯4着のパールコード

 

など、目移りしてしまうほどの実力馬たちが揃っています。

 

真夏の女王に輝くのはどの馬なのでしょうか?

彼女たちの熱い戦いから目が離せません。

 

 

(笠原小百合)(写真:ウマフリ写真班)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ