【先週の競馬】2歳重賞はダノンプレミアム、豪華メンバー毎日王冠を制したリアルスティール、京都大賞典は7歳牝馬スマートレイアーで3重賞すべてディープインパクト産駒が制覇!など

 

10月7日(土)

京都2R 2歳未勝利・牝馬(芝1600m)

 

勝ったのは5番人気のディープインパクト産駒レッドランディーニでした。

 

道中は後方からの競馬となりましたが直線は内から伸びて、同じディープインパクト産駒で人気に推されたスターリーステージを抑えての勝利でした。

 

 

京都3R 2歳未勝利(芝1800m)

 

3戦連続2着、1.1倍の断然人気で注目を集めたアドマイヤアルバがまさかの2着でした。

 

勝ったのはディープブリランテ産駒のメサルティム

アドマイヤアルバをクビ差退けての逃げ切り勝ちでした。

 

 

京都5R メイクデビュー京都 2歳新馬(芝1400m)

 

勝ったのはダイワメジャー産駒のタガノカレンでした。

 

3番手で折り合いがついたまま直線でさらに脚を使い、2着のプリンセステソーロに1馬身1/2差をつけてのデビュー勝ちとなりました。

 

 

11R 平城京S 3歳以上1600万円以下(ダート1800m)

 

伏兵10番人気のハーツクライ産駒タガノヴェリテが混戦を制しました。

 

去勢放牧明けで難しい中間ではあったと思いますが、見事な勝利でした。

2着テンザワールドもいい手応えだっただけに、タガノヴェリテの次走も楽しみです。

 

 

東京5R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝1400m)

 

勝ったのは大外、ルメール騎手騎乗のキャンディケイン

2着にはトーセンブライト産駒のトーセンリラが入りました。

 

ゲート合格後に放牧を挟み、枠にも恵まれず……という中で、着差以上に強かったです。

 

 

東京11R サウジアラビアRC(G3)2歳オープン(芝1600m)

 

2番人気ダノンプレミアムが圧巻の2歳コースレコード勝ちを収めました。

人気に推されたロードカナロア産駒のステルヴィオ以下を抑えての重賞初制覇となりました。

 

初戦は阪神で、しかも稍重にも関わらず2着に4馬身差をつけての勝利。

直線の長い府中なら……と、皆さん期待した通りに強い競馬でした。

 

 

10月8日(日)

東京4R メイクデビュー東京 2歳新馬(ダート1600m)

 

1番人気で逃げたヴェルトゥアルが勝ちました。

2着には4馬身差でオクタヴィウスが入りました。

 

ヴェルトゥアルは父スマートファルコン、母シルクユニバーサル、母父ブライアンズタイムといった血統。

半兄には重賞勝ちのあるセダブリランテス、オープンで活躍中のモンドインテロがいますので、芝でも期待できますね。

 

 

東京5R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝2000m)

 

勝ったのは2番手で先行し、直線も楽な手応えで伸びたブラゾンダムールでした。

 

2歳リーディングが拮抗している中で、ディープインパクト産駒の貴重な勝ち星となりました。

 

 

東京11R 毎日王冠(G2)3歳以上オープン(芝1800m)

 

今年の毎日王冠は12頭中G1馬が5頭もいるハイレベルなレースとなりましたが、デムーロ騎手騎乗のリアルスティールサトノアラジンの猛追をクビ差凌いで混戦を制しました。

 

去年のダービー馬マカヒキ、今年のオークス馬ソウルスターリングに注目が集まる中で、休み明けでも虎視眈々と狙っていたのがリアルスティールでした。

 

連覇がかかるドバイターフは直前に鼻出血で回避を余儀なくされ、帰国後は放牧に出されリフレッシュ。

昨年は夏に弱いこともあり、秋初戦は天皇賞(秋)の2着でしたが、今年は直前の調教での動きも良かったので期待していた通りの結果となりました。

 

重賞はドバイターフ以来の3勝目となり、今年の天皇賞(秋)では昨年の忘れ物を取りに行けるか楽しみです。

 

 

京都11R オパールS 3歳以上オープン(芝1200m)

 

スプリンターズS除外の悔しさからの貫禄の勝利となったのはソルヴェイグでした。

 

昨年スプリンターズSを9番人気から3着になった力はある馬。

初コンビの松山騎手の先行策で危なげなくヒルノデイバローをクビ差抑えての勝利でした。

 

次走は国内で短距離の大きなレースが無いこともあり、香港に行ってみるのも面白いと思います。

 

 

10月9日(月・祝)

東京10R 六社S 3歳以上1600万円以下(芝2400m)

 

キングカメハメハ産駒のブライトバローズが、1番人気のパフォーマプロミスにクビ差競り勝ちました。

ブライトバローズはこの勝ちで17戦5勝となりました。

 

注目したいのは4着に入った、全兄にゴールドシップを持つトレジャーマップです。

負けはしましたが見せ場は作り、今後も楽しみです。

 

 

京都3R メイクデビュー京都 2歳新馬(芝1600m)

 

評判馬対決を制したのはブエナビスタの娘・ソシアルクラブでした。

 

サトノノブレスの妹サトノルーリー、1番人気に推されたゴルトキルシェなど話題となったメイクデビューでしたが、レースが終わってみればソシアルクラブが話題を独り占めする内容でした。

 

道中は中団後方からの競馬となりましたが、直線に入り、岩田騎手が外へ持ち出してからのゴーサインへの反応の良さとその後の加速は、母ブエナビスタに似て圧巻の末脚でした。

 

今年は良血馬の産駒の活躍が著しく、ソシアルクラブもいずれはタイトルを獲れるのではと思わせられる内容でした。

 

 

京都11R 京都大賞典(G2)3歳以上オープン(芝2400m)

 

4番人気スマートレイアートーセンバジルに1/2馬身差をつけて勝利。

鞍上の武豊騎手はこの勝利で同一重賞史上初となる9勝目、中央重賞G2の勝利数も100となりました。

 

スマートレイアーは7歳牝馬ですが、相手馬が強かった分、まだまだ活躍すると思います。

これからも応援したい1頭です。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ