秋華賞2017・レース回顧

牝馬三冠の最終戦!淀の大舞台、最後の栄冠は誰の手に?

 

桜花賞・オークスに続く、3歳牝馬三冠最終戦、秋華賞。

オークス馬・ソウルスターリングが不在ながらも、ここを目標にしてきた力のある乙女たちが揃いました。

中でも注目を集めるのが、横山典弘騎手とコンビを組むアエロリットです。

牡・牝混合3歳G1であるNHKマイルCを見事制し、前走のクイーンSも古馬勢を相手に完勝。その能力は底知れぬものがあります。

また、春には皐月賞で牡馬を相手に7着だったファンディーナも人気の1頭。

500キロを超える馬体は迫力満点。力強い走りでライバルたちを蹴散らすことが出来るでしょうか。

他にも、紫苑Sを勝利したディアドラ、末脚光る堅実派リスグラシュー、オークス2着馬のモズカッチャンなどが顔を揃え、どの馬が勝ってもおかしくない混戦模様。

春のクラシックの頃より、一回りも二回りも成長した彼女たちの激闘の結末は、果たして?

 

 

アウト・イン・アウト、巧みなコース取りでディアドラが駆け上がる!

 

少しばらつくスタートとなり、まず飛び出したのはカワキタエンカ

桜花賞の時と同じく逃げ戦法をとり、ハナを切ります。

続いて外にファンディーナ、その内にアエロリットが控えます。

モズカッチャンは中団の前め。リスグラシューは中団の後ろで、ディアドラは後方4番手を追走。

全体的に縦長の展開となります。

3コーナーで馬群がぐっと詰まると、一団は4コーナーから最後の直線へ。

残り200mで前を行くカワキタエンカモズカッチャンが交わし、先頭へ躍り出ます。

その外から襲いかかるのが、リスグラシュー

しかし、更に後ろからやってきたディアドラの脚色は抜群で、あっさりリスグラシューとモズカッチャンを交わすと、1馬身1/4差をつけ1着でゴール。

2着は接戦でしたが、リスグラシューがモズカッチャンをハナ差捕らえていました。

 

f:id:umauma-free:20171017072246j:plain

 

 

全着順 

秋華賞(G1)3歳オープン・牝馬(芝2000m)

着順
馬名
性別・馬齢
騎手
着差・タイム
1
ディアドラ
牝3
ルメール
 2:00.2
2
リスグラシュー
牝3
武豊
1.1/4
3
モズカッチャン
牝3
Mデムーロ
ハナ
4
○外ラビットラン
牝3
和田
3
5
カワキタエンカ
牝3
北村友
クビ
6
ブラックオニキス
牝3
大野
3
7
アエロリット
牝3
横山典
クビ
8
ミリッサ
牝3
福永
1.1/4
9
ポールヴァンドル
牝3
三浦
1.1/4
10
リカビトス
牝3
浜中
クビ
11
ヴゼットジョリー
牝3
菱田
1
12
ブラックスビーチ
牝3
川田
1.3/4
13
ファンディーナ
牝3
岩田
1/2
14
レーヌミノル
牝3
池添
1.3/4
15
ハローユニコーン
牝3
田辺
クビ
16
メイショウオワラ
牝3
若松
1/2
17
ダガノヴェローナ
牝3
3.1/2
18
カリビアンゴールド
牝3
田中勝
クビ

 

 

1~3着馬コメント

1着・3番人気 ディアドラ

f:id:umauma-free:20171017072311j:plain

 

レース序盤は後方外めを追走し、3コーナーを回りながら内へ入ります。

そのままインコースを進むのかと思いきや、直線に入るとすかさず再び外へ。

ルメール騎手のこの巧みなコース取り、好騎乗が光る結果となりました。

ディアドラは父ハービンジャー、母ライツェント、母父スペシャルウィークといった血統。

母母はソニンク。活躍馬を多く出している牝系で、いとこにはロジユニヴァースの名も。

ハービンジャーは、この秋華賞で産駒のG1初制覇となりました。

 

2着・4番人気 リスグラシュー

f:id:umauma-free:20171017072332j:plain

 

最終コーナーでは大外からスムーズに進出。

直線も勢い良く伸びたのですが、1着ディアドラの脚色の方が勝っており、2着となりました。

阪神JF、桜花賞に続いての2着は鞍上の武豊騎手もさぞ悔しかったことでしょう。

能力があることは確かで、G1制覇まで本当にあと一歩といったところまできています。

小柄で可愛らしい馬でファンも多く、これからの活躍が楽しみな1頭です。

 

3着・5番人気 モズカッチャン

f:id:umauma-free:20171017072351j:plain

 

直線で先頭に立ち、そのまま押し切れるかとも思いましたが、上位2頭の末脚はさすがでした。

レース序盤で落鉄というアクシデントがありながらも、3着を確保しました。

オークス2着馬の威厳はなんとか保てたのではないでしょうか。

勝ち馬のディアドラと同じく、モズカッチャンハービンジャー産駒。

父譲りの力のいる馬場への適性も、3着確保の後押しとなったのかもしれません。

 

 

総評

 

史上初の重馬場での開催となった今年の秋華賞。

見事ヒロインの座を勝ち取ったのは紫苑Sの勝ち馬・ディアドラでした。

ルメール騎手の抜群のコース取りと、ディアドラの持つ瞬発力が発揮された、まさに人馬一体で掴んだ勝利でした。

1番人気のアエロリットは直線伸びを欠き7着と、NHKマイルCとの変則二冠ならず。

2番人気ファンディーナは13着。果敢な先行策をとるも、最後は馬群に沈みました。

注目したいのは逃げ戦法をとり、5着に残ったカワキタエンカです。

今回は最後まで逃げ切れませんでしたが、上位に着を残すその能力はかなりのもの。

次走以降も注目していきたい1頭です。

 

3歳乙女たち、混戦模様の三冠最終戦は、こうして幕を閉じました。

しかし、彼女たちの戦いはまだまだ続いていきます。

今後、古馬相手にどこまで走ることが出来るのかも楽しみです。

これからもわたしたちをその華麗なる鮮やかな走りで魅了して欲しいですね!

 

 

(笠原小百合)

(写真:かぼす)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ