【先週の競馬】ジャパンカップ、京都2歳Sなど17レース振り返り

 

11月25日(土)

東京1R 2歳未勝利(ダート1400m)

 

ヘニーヒューズ産駒の1番人気レピアーウィットが、シニスターミニスター産駒5番人気のミスティカルに5馬身差の圧勝となりました。

レピアーウィットは全兄に朝日杯フューチュリティSを勝ったアジアエクスプレスがいます。

 

 

東京3R 2歳未勝利(芝1800m)

 

ディープインパクト産駒で1番人気のダークナイトムーンが、ローエングリン産駒で6番人気のデルマウオッカに2 馬身1/2差をつけての勝利を収めました。

ダークナイトムーンは半兄にサダムパテックがいるだけに、この距離での勝利は納得ですね。

 

 

東京5R メイクデビュー東京(芝1600m)

 

ロードカナロア産駒で1番人気のパルマリアが、ディープインパクト産駒で2番人気のアルーシャに1馬身 1/4差をつけての勝利を収めました。

ムーア騎手はこの時点で1・3・5レースを勝利で飾っています。

更にこの後7・8・12レースを勝ち、この日6勝をあげました。

 

 

東京9R カトレア賞 2歳500万下(ダート1600m)

 

キンサシャノキセキ産駒で3番人気のルッジェーロが、スマートボーイ産駒で6番人気のミックベンハーを半馬身差抑えての勝利を収めました。

前走は芝の重賞を走っていただけに、今後は芝・ダートと活躍する枠が増えましたね。

 

 

東京11R キャピタルS 3歳以上オープン(芝1600m)

 

キングカメハメハ産駒1番人気のダイワキャグニーが、ディープインパクト産駒のサトノアレスをクビ差抑えての勝利を収めました。

終いの勝負では、先に抜け出したダイワキャグニーが詰め寄ったサトノアレスとの叩き合いを制し、粘り強い競馬をみせました。

 

 

京都2R 2歳未勝利(ダート1800m)

 

キングカメハメハ産駒1番人気のエルティグレが、パイロ産駒で2番人気のタラニスにクビ差をつけての勝利を収めました。

 

 

京都4R 2歳未勝利(芝1800m)

 

ルーラーシップ産駒で3番人気のドラセナが、ハーツクライ産駒で4番人気のインスピレーションにクビ差をつけての勝利を収めました。

2レースではキングカメハメハ産駒が、4レースではそのキングカメハメハを父に持つルーラーシップ産駒が、2歳戦での勝ちを収めています。

 

 

京都5R メイクデビュー京都 2歳新馬(芝1600m)

 

ロードカナロア産駒で1番人気のサンラモンバレーが、ダイワメジャー産駒で2番人気のラプトレックスに1馬身 1/4差をつけての勝利を収めました。

サンラモンバレーは、半姉に短距離で活躍したビキニブロンドがいます。

 

 

京都6R メイクデビュー京都 2歳新馬(ダート1800m)

 

ハードスパン産駒の1番人気のサトノプライドが、シニスターミニスター産駒の2番人気キクノウェスターにアタマ差をつけての勝利を収めました。

サトノプライドは半姉に桜花賞馬・レーヌミノルがいます。

 

 

京都8R 3歳以上500万下(芝1800m)

 

ルーラーシップ産駒の1番人気のインヘリットデールが、ハーツクライ産駒で4番人気のエイシンルークに半馬身差をつけての勝利を収めました。

インヘリットデールは半兄にフサイチリシャールがいる血統です。

 

 

京都11R 京都2歳S(G3)2歳オープン(芝2000m)

 

ハーツクライ産駒で2番人気のグレイルが、ハーツクライ産駒で1番人気のタイムフライヤーにアタマ差をつけての勝利を収めました。

前走強い勝ち方をして注目されたタイムフライヤー

そのタイムフライヤーをアタマ差という僅差ではありますが、抑えての勝利を飾ったグレイルは強かったですね。

この2頭はクラシックも狙える逸材ではないでしょうか。

 

 

11月26日(日)

東京7R ベゴニア賞 2歳500万下(芝1600m)

 

ローズキングダム産駒の1番人気アンブロジオが、トランセンド産駒の4番人気エングローサーにクビ差をつけての勝利を収めました。

前走もマイルを勝ち上がり、このレースもマイルで勝ち、来年の東京開催あたりで楽しみな存在になりそうです。

 

 

東京10R ウェルカムS 3歳以上1600万下(芝1800m)

 

ディープインパクト産駒の4番人気トーセンマタコイヤが、マンハッタンカフェ産駒の6番人気ショウナンマルシェをアタマ差抑えての勝利を収めました。

トーセンマタコイヤは全妹に宝塚記念・エリザベス女王杯3着のミッキークイーンがいます。

そして、このレースには兄・姉に重賞ウィナーを持つ馬が多数いました。

先程のトーセンマタコイヤをはじめ、バルデスディアデラマドレシャドウダンサーダンスファンタジア、1番人気に推されたプロディガルサンリアルスティールと、輝かしい実力を身内に持つ馬が多いレースとなりました。

 

 

京都2R 2歳未勝利(芝1600m)

 

ディープインパクト産駒で1番人気スターリーステージが、ルーラーシップ産駒で5番人気ネプチュナイトに半馬身差をつけての勝利を収めました。

断然人気に応えたスターリーステージ

全兄には2016年マイルチャンピオンシップ覇者ミッキーアイルがいる血統です。

メイクデビューから4戦全てがマイルで、この馬にかける期待が分かります。

 

 

京都3R 2歳未勝利(芝2000m)

 

ルーラーシップ産駒1番人気ドミナートゥスが、ステイゴールド産駒で4番人気スヴァルナに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったドミナートゥスの母デグラーティアは、メイクデビューから3連勝してジュベナイルフィリーズにも出走。

ルーラーシップからして、マイル以上の中距離で力を発揮しそうですね。

 

 

京都9R 白菊賞 2歳500万下・牝馬(芝1600m)

 

ルーラーシップ産駒で1番人気リリーノーブルが、ヴィクトワールピサ産駒で6番人気スカーレットカラーに1馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったリリーノーブルは、前走で終いにすごい脚を使っていました。

今回も脚を使えていただけにまだまだ伸びそうですね。

 

 

■東京11R ジャパンカップ(G1)3歳以上オープン(芝2400m)

 

第37回ジャパンカップ。

今年はダービー馬に春秋天皇賞制覇の馬、宝塚記念を制した馬に、3歳牝馬からもジュベナイルフィリーズ・オークスを制した馬など、豪華な顔ぶれが集まりました。

 

そして約150秒の戦いが始まりました。

キタサンブラックがハナに立ち、ワンアンドオンリーディサイファが続く展開。

1000メートル通過は60.2で3コーナーへ向かいます。

依然キタサンブラックがリードはしているものの、サトノクラウンが動き出し、直線へ。

シュヴァルグランレイデオロマカヒキサトノクラウンが、抜け出したキタサンブラックを追い、残り200メートル。

まだキタサンブラックはリードしていましたが、馬場の中央からシュヴァルグランが伸びてキタサンブラックを差しきります。

外からレイデオロが鬼脚を使い伸びはしましたが、シュヴァルグランには届かず、シュヴァルグランが優勝となりました。

 

シュヴァルグランは春に阪神大賞典・天皇賞を2着の走りを見せて、このジャパンカップでG1初優勝に輝きました。

姉がヴィルシーナ、妹にヴィブロスがいます。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ