【先週の競馬】ターコイズSなど土日の8レースを振り返り

 

12月16日(土)

中京10R つわぶき賞 2歳500万下・牝馬(芝1400m)

 

ディープインパクト産駒で3番人気アンコールプリュが、ダノンシャンティ産駒の3番人気モデレイトに競り勝ちました。

勝ったアンコールプリュには半兄に2008年の日本ダービー3着のブラックシェルがいます。

 

 

中山11R ターコイズS(G3)3歳以上オープン・牝馬(芝1600m)

 

ダイワメジャー産駒の5番人気ミスパンテールが、メイショウサムソン産駒の3番人気フロンテアクイーをクビ差抑えての勝利を収めました。

勝ったミスパンテールはチューリップ賞で2着に入り、桜花賞も4番人気に推されましたが16着と振るわず。オークス・休み明けで挑んだローズSは10着となりましたが、前走の清水Sでデビュー戦以来の勝利。そして、このターコイズSで重賞初制覇となりました。

 

 

阪神11R タンザナイトS 3歳以上オープン(芝1200m)

 

キングカメハメハ産駒で9番人気のミッキーラブソングが、スウェプトオーヴァーボード産駒で5番人気のラインスピリットをハナ差抑えての勝利となりました。

勝ったミッキーラブソングの母はコイウタで2007年ヴィクトリアマイル覇者。半妹は先週阪神で1000万下を勝ったユラノトです。

 

 

12月17日(日)

中京6R 3歳以上500万下(ダート1900m)

 

キングカメハメハ産駒で1番人気バレッティが、パイロ産駒で11番人気オンワードハンターに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

2着とはなりましたが、オンワードハンターに騎乗の藤田菜七子騎手は見せ場もつくりました。

 

 

中山10R 南総S 3歳以上1600万下(芝1200m)

 

ディープインパクト産駒の1番人気アレスバローズが、キングカメハメハ産駒で4番人気ロードセレリティに1馬身差をつけての勝利を収めました。

 

 

中山11R ディセンバーS 3歳以上オープン(芝1800m)

 

マツリダゴッホ産駒で3番人気マイネルハニーが、ロージズインメイ産駒で4番人気のゲッカコウに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

 

 

阪神1R 2歳未勝利(ダート1200m)

 

ヘニーヒューズ産駒で1番人気のマニクールが、同じくヘニーヒューズ産駒の3番人気スリーへリオスに1 馬身3/4差をつけての勝利を収めました。

好調のルメール騎手は幸先の良いスタートをきりました。

 

 

阪神6R メイクデビュー阪神 2歳新馬(芝1400m)

 

ルーラーシップ産駒で2番人気エアシンフォニーが、ヘニーヒューズ産駒の13番人気ラノカウをクビ差抑えての勝利を収めました。

勝ったエアシンフォニーは、半姉に2005年の秋華賞馬エアメサイアがいます。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ