【先週の競馬】エルフィンS、東京新聞杯、きさらぎ賞など7レースの振り返り

 

2月3日(土)

東京9R 春菜賞 3歳500万下・牝馬(芝1400m)

 

ロードカナロア産駒で4番人気アルモニカが、ハーツクライ産駒で2番人気ミュージアムヒルに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったアルモニカは、前走のファンタジーSで出遅れとなり番手の競馬に徹するしかなく悔しい想いをしましたが、今日はしっかりと勝ちきりました。

 

 

東京10R 箱根特別 4歳以上1000万下(芝2400m)

 

ステイゴールド産駒で1番人気コルコバードが、タニノギムレット産駒で11番人気の人気薄サンデームーティエにアタマ差をつけての勝利を収めました。

勝ったコルコバードは昨年もこのレースで1番人気となりましたが勝ち馬にはクビ差及ばず。今年は雪辱を晴らしました。

これで東京コースは【4・2・1・0】となりました。

 

 

京都9R 稲荷特別 4歳以上1000万下(芝2000m)

 

ルーラーシップ産駒で4番人気ダノンディスタンスが、テオフィロ産駒で5番人気のテリトーリアルに1 馬身3/4差をつけての勝利を収めました。

勝ったダノンディスタンスは昨年の若駒S2着。

今回久々の勝利となり、今後の飛躍が楽しみです。

 

 

京都10R エルフィンS 3歳オープン・牝馬(芝1600m)

 

ディープインパクト産駒で2番人気のレッドサクヤが、こちらもディープインパクト産駒で3番人気のノーブルカリナンに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったレッドサクヤの半姉は2008年ヴィクトリアマイル覇者のエイジアンウインズです。

3着にはレッドランディーニが入り、上位3頭すべてがディープインパクト産駒という結果になりました。

 

 

2月4日(日)

東京2R 3歳未勝利(ダート2100m)

 

ルーラーシップ産駒で1番人気のロビンズソングが、ノヴェリスト産駒で2番人気ヘッドスタートに7馬身差をつけての圧勝でした。

勝ったロビンズソングは半兄に2016年目黒記念勝ち馬クリプトグラムがいます。

 

 

東京11R 東京新聞杯(G3)4歳以上オープン(芝1600m)

 

ハーツクライ産駒で3番人気リスグラシューが、ディープインパクト産駒で5番人気のサトノアレスに1馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったリスグラシューは昨年のクラシックを完走し、桜花賞・秋華賞では2着でG1馬にあと一歩届かずでしたが、ここでは得意のマイルで重賞勝ちを収めました。

東京新聞杯では2014年ホエールキャプチャ、2016年スマートレイアーと1年置きに牝馬が優勝していますが、このジンクスにリスグラシューも続きました。

 

 

京都11R きさらぎ賞(G3)3歳オープン(芝1800m)

 

ゼンノロブロイ産駒で4番人気のサトノフェイバーが、ディープインパクト産駒のグローリーヴェイズにハナ差をつけての勝利を収めました。

勝ったサトノフェイバーは新馬勝ちからこのレースに臨みましたが、「過去10年キャリア1戦での連対はない」というデータさえも覆す強さでした。

初戦では2着に0.5秒差をつけての圧勝で、今回も有力馬を抑えての勝利でクラシックに向けて次走が楽しみです。

レース的には逃げたサトノフェイバーが1着で、2番手につけたグローリーヴェイズが2着。

先行馬がそのままの流れで粘ったレースで時計がかかった分、人気のディープインパクト産駒ダノンマジェスティは伸びませんでした。

 

 

今週末には共同通信杯、クイーンカップがあり、クラシック戦線にどの馬が名乗り出るか注目です。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ