【土曜の競馬】あすなろ賞、洛陽ステークスなど気になる5レースの注目馬情報

3日間開催の初日は、小倉競馬、京都競馬が開催となります。

重賞はありませんが3歳戦をはじめ、今後を占う意味でも目が離せないレースばかり。

2月10日(土)に出走する注目馬情報をお伝えします。

 

 

小倉9R あすなろ賞 3歳500万下(芝2000m)

 

スーパーフェザー

(父ディープインパクト、母オーサムフェザー、母父AwesomeofCourse)

前走は若駒Sで1番人気に推されながらの6着となりましたが、出遅れが響いてのこと。

ここでは圧勝もあり得るのではないでしょうか。

 

エポカドーロ

(父オルフェーヴル、母ダイワパッション、母父フォーティナイナー)

この世代のオルフェーヴル産駒の中でも期待されている1頭です。

ダイワパッションは2006年のフィリーズレビュー勝ち馬。

スーパーフェザーを超えることが出来るかに注目です。

 

 

京都5R 3歳未勝利(芝1800m)

 

パンコミード

(父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、母父ダンスインザダーク)

全兄には2015年天皇賞・宝塚記念を勝っているラブリーデイがいます。

まだ未勝利にいるのがもったいない存在です。早く勝ち上がりたいですね。

 

レッドヴェイロン

(父キングカメハメハ、母エリモピクシー、母父ダンシングブレーヴ)

初戦はスーパーフェザーの2着でした。

3戦とも好走しているだけに決め手が必要ですね。

 

 

京都9R こぶし賞 3歳500万下(芝1600m)

 

ケイアイノーテック

(父ディープインパクト、母ケイアイガーベラ、母父SmartyJones)

前走朝日杯フューチュリティSでは4着となりましたが、上がり33.8は勝ったダノンプレミアムの33.6に次いで2位。

ここでも好位から差す展開に持ち込みたいです。

 

エントシャイデン

(父ディープインパクト、母ルシュクル、母父サクラバクシンオー)

母はルシュクル。全姉に2016年キーンランドカップ勝ち馬ブランボヌール

エントシャイデンもここを勝ってクラシックの舞台を目指し、ステップレースに向かいたいですね。

 

パクスアメリカーナ

(父クロフネ、母グローバルピース、母父サンデーサイレンス)

全姉の2012年ヴィクトリアマイル勝ち馬であるホエールキャプチャはマイルが得意。

パクスアメリカーナもマイル向きに見えるため、相手は強いかもしれませんが勝ちきりたいです。

 

 

京都10R 琵琶湖特別 4歳以上1000万下(芝2400m)

 

サトノリュウガ

(父ハービンジャー、母サトノユリア、母父ディープインパクト)

昨年は福寿草特別を勝ち、京都新聞杯も4着と期待されましたが、その後は大きなところを勝てていません。

京都を苦にしないだけにこのメンバーなら勝機もあります。

 

ショパン

(父キングカメハメハ、母エアグルーヴ、母父トニービン)

良血馬で話題となりましたが思うような活躍は残せていないため、今年は期待したい1頭です。

母はエアグルーヴで、全姉にはアドマイヤグルーヴ

父キングカメハメハ・母アドマイヤグルーヴには2015年2冠馬ドゥラメンテがいるように、活躍が期待されているプレッシャーもあるのかもしれませんね。

 

ムーヴザワールド

(父ディープインパクト、母リッスン、母父Sadler'sWells)

3歳時には共同通信杯3着と実力は十分あります。

古馬となり活躍できるかに注目です。

 

 

京都11R 洛陽S 4歳以上オープン(芝1600m)

 

アメリカズカップ

(父マンハッタンカフェ、母ベガスナイト、母父Coronado'sQuest)

きさらぎ賞を勝ちましたが、クラシックの皐月賞・ダービーではそれぞれ18着、17着と大敗。

しかし秋にはカシオペアSを勝ち、明け4歳になったこれからが楽しみです。

 

カワキタエンカ

(父ディープインパクト、母カワキタラブポップ、母父クロフネ)

ローズS2着。秋華賞では5着にも入り、こちらも明け4歳となりました。

マイルで結果を出すようなら、ヴィクトリアマイルも狙えそうです。

 

サトノアーサー

(父ディープインパクト、母キングスローズ、母父Redoute'sChoice)

きさらぎ賞に続き毎日杯でも2着で、挑戦したダービーでは10着。

秋も神戸新聞杯3着から菊花賞は11着と距離が合わなかったのだと思います。

マイルは向いていると思うので、期待したいです。

 

キョウヘイ

(父リーチザクラウン、母ショウナンアネーロ、母父ダンスインザダーク)

昨年の雨の重馬場で行われたシンザン記念を勝っており、雨で馬場が渋るのであれば一発あるかもしれません。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ