【地方重賞回顧】大井 金盃(SⅡ)

2018年ダート長距離界を占う上での重要な一戦の金盃。

言い古されているかもしれませんが、やっぱり金盃で乾杯したいですね!

 

地方長距離重視のお馴染み、大井の金盃。

今年は急遽乗り替わり、悪天候で叩きを使えないなど影響がありましたが、レースはグルームアイランドが逃げて引っ張る形で、長距離らしく位置取りもある程度すんなり。

最終向こう正面から徐々にペースが上がり、3コーナーでは前を捕まえにいこうとモズライジンオリオンザジャパンがまくり気味に進出を開始します。

そして、それより前につけていたのがクラージュドールです。

4コーナー付近から追い出して抜け出したクラージュドールが、横綱競馬で押し切っての勝利となりました。

 

勝ったクラージュドールは父キングカメハメハ、母レクレドールという血統。

レクレドールは皆さまお馴染みのステイゴールドの全妹にあたります。

2着は後ろから外目を回して飛んできたウマノジョー、3着は先行して粘り切ったキングニミッツ

ウマノジョーは近走不振でしたが、今回は別次元の脚で飛んできたので、これは復活といってもいいのではないでしょうか。

人気になったサブノクロヒョウは中団につけていたものの、そこから伸びず案外な結果となりました。

そして中央から転厩初戦で注目もされていたモズライジンは、まくり気味に3コーナーから動いたものの掲示板まで。

それでも見せ場を作ったように感じましたし、転厩初戦、ましてやこのメンバーの中では十分次につながる結果だと思います。

 

そして、残念なお知らせがユーロビート

ズルズル後退していってどうしたんだろうと思っていましたが、「歩様に異常を生じたため、決勝線に至る直線走路において競走を中止」したとのことです。

地方の長距離界を引っ張ってきただけに大事でなければ良いのですが……。

 

ysk.h08

 

全着順

第62回 金盃(SⅡ)4歳以上・オープン重賞(ダート2600m)

着順
馬名
性別・馬齢
騎手
着差・タイム
1
クラージュドール
牡8
森泰斗
 2:50.3
2
ウマノジョー
牡5
町田直希
1
3
キングニミッツ
牡5
石崎駿
2.1/2
4
エンパイアペガサス
牡5
岡部誠
1.3/4
5
モズライジン
牝6
柏木健宏
クビ
6
サブノクロヒョウ
牡5
和田譲治
1.1/2
7
オリオンザジャパン
せん8
的場文男
1
8
アサクサスターズ
牡7
今野忠成
アタマ
9
タマモネイヴィー
牡7
山崎誠士
2
10
キープインタッチ
牡8
笹川翼
クビ
11
グルームアイランド
牡7
矢野貴之
クビ
12
キスミープリンス
牡10
山本聡哉
ハナ
13
キャッスルクラウン
牡4
瀧川寿希也
7
14
レーザー
牡6
中野省吾
1.1/2
15
シャドウパーティー
せん9
高松亮
大差
-
ユーロビート
せん9
吉原寛人
競走中止 

 

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ