リーディングサイアーの行方【2018年3月11日現在】

1位ディープインパクト 11億 42勝

今週は中山牝馬Sでカワキタエンカが勝利し、大きく貢献。合計8勝をあげて週間最多勝となり、1.9億を加算しました。そのため獲得賞金11億もクリアしています。出走頭数の割に今年は獲得賞金・勝ち数が例年より伸び悩んではいるものの、古馬では金鯱賞でサトノノブレスサトノダイヤモンドが2・3着に入り、3歳では500万でケイアイノーテックが勝ったりと着実に加算していることも確かです。キャリアハイである昨年との比較は酷ですし、長い目で見ていきたいです。
週末は、スプリングSにサトノソルタス、フラワーカップには阪神ジュベナイルフィリーズ4着のトーセンブレス、須磨特別には京都新聞杯5着経験のあるエルプシャフトが出走予定で、大いに期待されます。

2位キングカメハメハ 6.7億 29勝

今週は桜花賞トライアルのフィリーズレビューで、8番人気のリバティハイツが勝ち、金鯱賞でヤマカツエース・中山牝馬Sでトーセンビクトリーがそれぞれ4着に入るなど重賞での活躍が目立ちました。前週からは1.2億を上乗せした計算になります。
さらには、リバティハイツの重賞制覇で、産駒の通算重賞勝利数が100勝となりました。
週末の鎌ヶ谷特別には、重賞5勝をあげた活躍馬トゥザグローリーを全兄に持つトゥザクラウンが出走予定です。

3位ステイゴールド 6.6億 24勝

今週は3勝をあげて2位キングカメハメハに僅差に迫りました。抜くことは出来なかったものの、1千万差で追っています。
フィリーズレビューではオルフェーヴルの全妹デルニエオールが3着に入り、桜花賞の出走権を獲得しました。
週末には昨秋の天皇賞3着・ジャパンカップ6着・有馬記念8着のレインボーラインが阪神大賞典に、フリージア賞2着のマイネルファンロンが若葉Sに出走予定です。

4位ハーツクライ 5.8億 30勝

今週はスワーヴリチャードが金鯱賞を勝ち、それを筆頭に5勝を上乗せしました。今年30勝をクリアして前週から獲得賞金も1.4億を上乗せしています。前週は5位でしたが、ダイワメジャーを逆転し4位となりました。
今週末は、チャレンジカップ勝ち馬で有馬記念9着のサトノクロニクルが阪神大賞典に、共同通信杯4着のゴーフォザサミットがスプリングSに、それぞれ出走予定で結果が期待されます。
そして大注目、ホープフルS勝ち馬タイムフライヤーが若葉Sで今年初戦を迎える予定です。

5位ダイワメジャー 5.0億 19勝

今週は1勝のみでハーツクライに逆転され5位になりましたが、今年度の合計賞金額5億をクリアしました。
週末は朝日杯フューチュリティS8着のフロンティアがファルコンSに、フォーチュンカップ2着のエンヴァールが須磨特別に出走予定です。特にエンヴァールは昨年全て掲示板を確保と安定感があるだけに、賞金加算への期待が集まります。

 

 

続いて、6位以降の順位抜粋と短評です。

6位クロフネ 4.2億
7位ハービンジャー 3.9億
8位マンハッタンカフェ 3.7億
9位ルーラーシップ 3.6億
13位ロードカナロア 2.1億
20位オルフェーヴル 1.5億

クロフネは5勝を上乗せし、8位から6位へジャンプアップとなりました。
8位マンハッタンカフェはアネモネSでハーレムラインが勝ち、1つ順位を上げています。


そして注目したいのは13位のロードカナロア、20位のオルフェーヴルです。

ロードカナロアは、朝日杯フューチュリティS2着ステルヴィオがいよいよスプリングSに出走を予定しています。さらには朝日杯フューチュリティS5着ダノンスマッシュがファルコンSに出走予定で、こちらも上位が見込まれます。
オルフェーヴルは前走・あすなろ賞でスーパーフェザーなどを完封したエポカドーロがスプリングSに、阪神ジュベナイルフィリーズは9着ですが実力馬の呼び声高いロックディスタウンがフラワーカップに、それぞれ出走予定です。


週末には阪神大賞典・スプリングS・フラワーカップ・ファルコンSといった重賞が組まれており、3歳クラシックへ向けた重要な一戦・若葉Sにもタイムフライヤーが出走するなど、リーディングサイアー争いにも影響するレースがめじろ押しです。

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ