【毎日杯展望】出走馬10頭ながらもハイレベルな戦いに?無敗のギベオン、インディチャンプ、ブラストワンピースに注目。結果次第によっては皐月賞戦線に変化が発生

皐月賞トライアルも先週の若葉ステークスとスプリングステークスでもって終了しました。

スプリングステークスは収得賞金上位のステルヴィオが勝ちましたが、2着エポカドーロ、3着マイネルファンロンは収得賞金ではそれぞれ900万、400万円の馬でした。

この2頭にとっては、皐月賞に出走が出来るという大きな結果になりました。

 

一方の若葉ステークスは断然人気のタイムフライヤーが5着と敗れました。

勝ったのは収得賞金が900万円のアイトーン、2着のダブルシャープは収得賞金が980万円と、こちらも賞金が足りなかった馬が皐月賞への出走権を獲得しました。

 

スプリングステークス終了時点の皐月賞出走予定馬は下の表をご参照ください。

 

f:id:umauma-free:20180323224426p:plain

 

現時点では収得賞金が1150万円のグローリーヴェイズサトノソルタスまでが出走可能となっています。

 

しかし、毎日杯の結果次第では収得賞金が1150万円の馬が皐月賞への  出走が厳しくなります。

 

重賞レースにおける収得賞金の計算方法についてご説明いたします。

重賞レースの場合は賞金の半分の金額が2着の馬までに加算されます。

毎日杯を例にしますと、1着の賞金が3800万円です。賞金が3800万円ですので、半分の1900万円が収得賞金として加算されます。

2着の賞金が1500万円です。賞金が1500万円ですので、半分の750万円が収得賞金として加算されます。

 

つまり、収得賞金900万円の馬が毎日杯で1着、2着に入ると、それぞれの収得賞金が2800万円と1650万円と増額となります。

そして、皐月賞に2頭が登録した場合は収得賞金が1150万円の馬達の出走が厳しい状況に陥ります。

 

今年の毎日杯はレベルが高いメンバーが揃いました。勝ち方次第によっては、ダノンプレミアムのライバルになり得る逸材ばかりです。

 

注目は2戦2勝と今まで負けた事が無い3頭です。

 

ギベオン(牡3 栗東・藤原英厩舎 56㎏ バルジュー騎手騎乗)

 

ディープインパクトの仔でデビュー戦とフリージア賞と2連勝中のギベオンが出走します。

 

阪神芝1800mのデビュー戦を勝ったギベオン。前走のフリージア賞では12㎏体重を減らしての出走となりました。

道中は後方で脚をため、直線では外へ追い出すと、上がり3ハロン33.7秒の豪脚を繰り出し、マイネルファンロン以下を破りました。

マイネルファンロンがスプリングステークスで3着と好走し、皐月賞への優先出走権を獲得した事を踏まえると、相当の器だと思います。

 

父がディープインパクト、母がアメリカ牝馬G1レースでも格式の高いエイコーンステークスを制した良血馬です。

ここで強い競馬をすれば、ダノンプレミアムステルヴィオの2頭が抜けている皐月賞戦線の地図が一気に変わる可能性があります。

 

インディチャンプ(牡3 栗東・音無厩舎 56㎏ 岩田騎手騎乗)

 

ステイゴールドの仔で2連勝中のインディチャンプも出走します。

 

前走の京都内回り芝1600mで行われた500万下でインパクトを残す競馬を披露しました。

スタートで出遅れたインディチャンプ。京都の内回りは直線が約320mしかなく、出遅れは致命的です。

最後の直線でも最後方のインディチャンプでしたが、直線ではレッドサクヤ以下を差し切る競馬を見せました。

上がり3ハロンが33.8秒と直線が短い京都内回りでは驚異的な豪脚を披露しました。

 

母親の血統にはネオリアリズムリアルインパクトがいる血統です。

今年の3歳が事実上最後であるステイゴールド産駒

最後の大物がインディチャンプかも知れません。

 

ブラストワンピース(牡3 美浦・大竹厩舎 56㎏ 池添騎手騎乗)

 

関東から参戦するのはハービンジャーの仔で2戦2勝のブラストワンピースです。

 

この馬のセールスポイントも豪脚です。

前走のゆりかもめ賞(東京芝2400m)では馬群を割って先頭に立つと、あとは後続を突き放し、2着のドレーク以下を4馬身差つけての勝利という強い内容でした。

上がり3ハロンのタイムは34.0秒とギベオンインディチャンプには劣りますが、デビュー戦では33.3秒という驚異的なタイムで上がりました。

 

血統面で見ますと、母方の祖母ツルマルグラマーは2歳戦で活躍した馬です。

しかし、曾祖母のエラティスからは日経賞を制し菊花賞2着のアルナスラインを出しています。

 

初の関西遠征、初の右回りと克服しなければならない課題がありますが、池添騎手もポテンシャルの高さを認めている馬なので、克服する可能性は高いと思います。

 

また、他にも素質馬が多く出走します。

 

葉牡丹賞で京成杯を制したジェネラーレウーノとタイム差なしの2着に入り、年末の500万下で圧勝したシャルドネゴールド(牡3 栗東・池江厩舎 56㎏ 川田騎手騎乗)も素質が高い馬です。

 

つばき賞を制したユーキャンスマイル(牡3 栗東・友道厩舎 56㎏ 武豊騎手騎乗)。母のムードインディゴは府中牝馬ステークス(G3)を優勝、2008年の秋華賞2着馬です。

 

また、若駒ステークス2着のマイハートビート(牡3 栗東・高橋義忠厩舎 56㎏ 松山騎手騎乗)、

先週の若葉ステークスにて管理馬のアイトーンが勝った五十嵐厩舎からはアルムフォルツァ(牡3 栗東・五十嵐厩舎 56㎏ 浜中騎手騎乗)と出走する10頭の馬にチャンスがある好メンバーが揃いました。

 

皐月賞を見据える馬、日本ダービー出走のために収得賞金を増やしたい馬。

それぞれの思惑が交錯する毎日杯は15:35発走です。

 

 

(おかのひろのぶ)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ