今週末の重賞レース紹介~阪神牝馬ステークス(GⅡ)~

今週末に開催される
「阪神牝馬ステークス」
をご紹介!
一体どんなレースなのでしょうか?

 

歴史は?

1958年に創設された歴史あるレースです。
当初は「阪神牝馬特別」という名称でしたが、2001年より現在の名称となりました。
長年12月施行の競走として親しまれてきたが、2006年に新G1のヴィクトリアマイルが設立されたことから、その前哨戦として4月施行へと変更されています。

距離や条件は?

阪神・芝・1600m
※1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権(地方馬は2着までが優先出走権)

賞金は?

1着:5500万円
2着:2200万円
3着:1400万円
4着:830万円
5着:550万円

どんなレース?

歴史があるレースだけに、名牝がずらりと並びます。
「華麗なる一族」の祖であるキユーピットが1961年に、牝馬二冠のインターグロリアが1977年に、1989年JRA賞最優秀5歳以上牝馬のルイジアナピットが賞獲得同年に、それぞれ勝利しています。
1993年開催ではノースフライトがここを勝利して重賞4連勝ならびに安田記念制覇を達成。2000年代はトゥザヴィクトリーエアトゥーレダイヤモンドビコーファインモーションヘヴンリーロマンスアドマイヤグルーヴラインクラフトといったその時期を代表する牝馬が勝ち馬に名を連ねている。1400m開催時代にはスプリント女王カレンチャンも勝利を収めている点もこのレースの歴史の長さや条件の変化を示しているのではないでしょうか。
近年では2017年アドマイヤリード(2着)、2016年ストレイトガール(6着)、2014年ヴィルシーナ(11着)らが、ここでの敗戦をステップにヴィクトリアマイルを勝利しています。

www.uma-furi.com

また、ジョリーダンスが2007年・2009年に、スマートレイアーが2014年と2016年に、それぞれ1年あいだを置いて2度勝利をあげているという点でも注目したいですね。

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ