リーディングサイアーの行方【2018年4月2日現在】

1位ディープインパクト  13.8億  56勝

 

重賞勝ちは無い週で、3週連続での週間最多勝もストップ。2勝止まりとなりました。大阪杯では昨年の皐月賞馬アルアインが健闘し3着に入りました。またアザレア賞では期待のスーパーフェザーが貫禄勝ち。まだまだ世代の代表に代わりはないため、今後も期待です。

海外ではドバイターフでヴィブロスが2着となり連覇はならず。リアルスティールも3着に入りました。

今週末の桜花賞にはチューリップ賞2着のマウレア、フェアリーS勝ち馬のプリモシーンが出走予定で、ニュージーランドTには朝日杯フューチュリティSを4着のケイアイノーテック、きさらぎ賞5着のカツジが出走予定です。

 

 

2位ハーツクライ  9.0億   38勝

 

大阪杯ではスワーヴリチャードが優勝し、大幅に獲得賞金を上乗せて一気に2位にジャンプアップしました。スタートは上手くいったわけではなくとも道中は楽に逃げて、貫禄勝ちでしたね。

今週末の阪神牝馬Sには東京新聞杯を勝ったリスグラシューが出走予定で、ヴィクトリアマイルに向けてどのようなレースをするかも楽しみです。

 

 

3位キングカメハメハ  8.8億   37勝

 

先週は4勝を上乗せし上位5頭の中ではトップでした。しかし重賞では大阪杯のヤマカツエースの4着が最高で加算は約5000万円にとどまり、ハーツクライに逆転を許す形に。海外でもドバイシーマクラシックのレイデオロが4着と、人気に推されながら応えられずでした。

今週末は桜花賞にフィリーズレビュー勝ち馬のリバティハイツが出走予定です。

 

 

4位ステイゴールド  8.3億  28勝

 

先週は上位が低迷、その中でも特に伸ばせなかったのがステイゴールドでした。勝ち馬も出ず4位へ後退しました。海外でもドバイターフに出走したクロコスミアが7着と奮いませんでした。

今週末は逆襲の予感で、桜花賞にはフィリーズレビュー3着のデルニエオールが出走予定です。また、湾岸Sには前走箱根特別勝ち馬コルコバード、サンシャインSを3着のステイパーシストが出走予定です。さらに阪神牝馬Sには東京新聞杯12着となりましたが実績のあるアドマイヤリードが出走予定で、重賞でも活躍が見込まれる週です。

 

 

5位ダイワメジャー  6.6億   26勝

 

ステイゴールド同様に低調だったのがダイワメジャーで、1勝を上乗せのみでした。しかしステイゴールド同様に今週末は期待できる馬がいますね。桜花賞には重賞2着2回の実績のあるコーディエライト、阪神牝馬Sには前走重賞勝ちのミスパンテールと、重賞で上位が見込まれます。

 

 

 8位ルーラーシップ  4.5億   25勝

 

上位にじわじわと詰め寄っているの1頭がルーラーシップです。先週は母に1997年オークス馬メジロドーベルを持つホウオウドリームが御堂筋Sを勝つなど活躍をみせました。5位に約2.1億ですが、今週末はチューリップ賞3着のリリーノーブルが出走予定です。

 

 

13位ロードカナロア  3.2億  23勝

 

先週は好調で4勝を上乗せし20勝もクリアしました。そして今週末にはシンザン記念を制したアーモンドアイ、福島2歳Sを制したアンヴァルが桜花賞に挑戦となり、トップテン入りも期待されます。

 

 

19位オルフェーヴル  2.0億   14勝

 

先週は勝ち馬が出ませんでしたが、先々週同様19位をキープしました。そして今週末はいよいよ世代最強の呼び声の高いラッキーライラックが4戦4勝で桜花賞に挑みます。阪神ジュベナイルフィリーズを制して最優秀2歳牝馬の称号を獲得し、チューリップ賞では緩むことなく実力を発揮。桜花賞は万全な状態で迎えられそうです。

 

 

今週末はいよいよクラシックも幕開けとなり、順位にも大きく影響するため、1レースも目が離せません。

先週はハーツクライスワーヴリチャードの好走で2位に入りましたが、2~4位までは約7000万円差なので、どのような結果となるのか楽しみです。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ