【レース回顧】すみれステークス(OP)

脇道に潜む西の秘密兵器を探せ? すみれステークス

 

すみれステークスと聞いて「西の秘密兵器」という言葉を思い浮かべるファンは、なかなかのベテランだろう。

2004年、京成杯で敗戦を喫したキングカメハメハが再浮上するきっかけになったレースが、すみれステークスだった。

 

阪神競馬場の改修などの諸事情を除き、舞台条件は阪神競馬場芝2200mのまま変わっていない。以前はこのレースを経由し、皐月賞で初東上する馬を「西の秘密兵器」と呼んでいたものだ。それはまだ東西全レースを全国で発売する前の話で、関東の競馬ファンは今ほど関西のレースを熱心に見ていなかった。

その頃を思い出す、それがすみれステークス

今年も例年通り、1回阪神2日目芝2200mで行われる。

 

未勝利勝ち直後に京成杯で2着に入ったコズミックフォースは、このレース勝ちのGⅠ馬キングカメハメハを父に持ち、母はミクロコスモス──現役時代は角居勝彦厩舎に所属し、阪神ジュベナイルフィリーズで3着、その後は6歳まで準オープンからオープンで活躍した牝馬だ。

 

ケイティクレバーは、引退する目野哲也厩舎が送り出す。若駒ステークスでは素質馬相手に逃げ切り勝ち。すっかりベテランの域に入った小林徹弥騎手が新馬からずっと乗っていて、騎手とともに意外性があるところを見せた。母モルトフェリーチェは未勝利で終わったが、その父はディープインパクト。つまり、ケイティクレバーは母父にディープインパクトの血を持っている。

 

DMMドリームクラブ(いわゆるDMMバヌーシー)が、初年度からクラシック戦線に乗せるかと注目されるキタノコマンドール。名前先行の感はあるが、血統は父ディープインパクト×母父キングカメハメハで、姉にはデニムアンドルビー、近親にはフェアリードール一族と一本筋が通っている。

 

以下、スズカテイオービッグスモーキーシエラネバダタガノスカイハイ、牝馬のシスターフラッグの計8頭が出走した。

 

 

スタミナ比べの阪神芝2200m

 

阪神芝2200m戦は、重賞では宝塚記念しかない。高額条件としては、このすみれステークスと宝塚記念ぐらいしかない、そのぐらい特殊な条件だ。

宝塚記念はステイゴールド一族や牝馬が強いレースとして有名だ。そして、すみれステークスは昨年の勝ち馬クリンチャーのようにスタミナ志向の馬が活躍する。これらを踏まえれば、距離以上にスタミナが問われるタフなコースだと言えるだろう。

 

スタートを決めたケイティクレバーが注文通りにハナに立っていく。目野厩舎所属として最後のレースだから、迷いは一点もない。

2番手に外からタガノスカイハイがつけ、インからビッグスモーキーがついてくるが、2頭ともにコーナー入り口から抑えにかかり、ケイティクレバーがやや離して逃げる展開になった。先行集団の後ろにシエラネバダスズカテイオーが続き、その外にコズミックフォースがつけていく。やや離れてシスターフラッグキタノコマンドールが待機する。

 

阪神競馬場の向正面を、ケイティクレバーは気持ち良さそうに一人旅。

ハロンラップは12秒台前半の完璧なマイペース。1000m通過60秒6とやや遅いぐらいのペースで走る。

 

4角手前から2番手集団が押し上げてケイティクレバーに並ぼうとするが、手応えが次第に見劣りはじめる。その大外を1頭だけ次元が違う脚色で追い上げていく馬がいた。キタノコマンドールだ。

 

オルフェーヴルで味わったような、身震いするほどの走りを見せている。

 

ケイティクレバーは定石通りに直線入り口で徐々にあげたギアを全開にし、後続を一気に突き放そうとする。そこへ大外を襲いかかるキタノコマンドール

 

オープンを逃げ切ったケイティクレバーも余力はまだあっただろう。しかし、脚色が全く違っていた。それは観客が坂をあがった時点でキタノコマンドールの差し切りを確信できるほどだった。

 

キタノコマンドールはゴール手前でケイティクレバーをきっちり差して勝った。2着は健闘したケイティクレバー、3着はビッグスモーキーがしぶとく残っていた。

 

時計は2分11秒7(良)馬場の違いなど差はあると思うが、ずっと同じ舞台で行われているレースで破格の勝ち時計だった。その破格度合いは、宝塚記念の勝ち時計と比べてほしい。

 

f:id:umauma-free:20180410005738j:plain

 (写真・ゆーすけ)

 

f:id:umauma-free:20180410221626j:plain

f:id:umauma-free:20180410221512j:plain

(写真・のだまハイ)

 

 

全着順

すみれステークス 3歳オープン(芝2200m)

着順
馬名
性別・馬齢
騎手
着差・タイム
1
キタノコマンドール
牡3
福永祐一
 2:11.7
2
ケイティクレバー
牡3
小林徹弥
3/4
3
ビッグスモーキー
牡3
浜中俊
1.1/4
4
スズカテイオー
牡3
川田将雅
1.1/4
5
コズミックフォース
牡3
C.ルメール
2
6
シスターフラッグ
牝3
岩田康誠
2
7
シエラネバダ
牡3
和田竜二
4
8
タガノスカイハイ
牡3
幸英明
1/2

 

 

1~3着コメント

1着キタノコマンドール(3番人気)

f:id:umauma-free:20180410005753j:plain

(写真・ゆーすけ) 

 

人気先行だった馬が真の実力を見せた一戦だった。ケイティクレバーの逃げ切り濃厚だったレースを、後方から一気に差し切った。4角で馬群の外を押し上げる姿は何度でも見返してみたいほどだ。時計2分11秒7は、反動が出るのではと心配になるほどの好時計。大物が脇道から大通りに姿を現した瞬間だった。

 

 

2着ケイティクレバー(2番人気)

f:id:umauma-free:20180410005821j:plain

(写真・ゆーすけ)

 

目野哲也厩舎×小林徹弥騎手のコンビに花を持たせてあげたい気持ちはファンも持っていただろう。スタートからすんなり先手を取り、後ろも抑えてくれてマイペース。4角でペースアップしたときに後続を一旦置き去りにしていることからも、逃げ切り勝ちは目前だった。逃げ馬なので、こうした展開の利が必要ではあるが、今後もクラシック戦線における展開の鍵を握るだろう。

 

 

3着ビッグスモーキー(6番人気)

 

ダート交流重賞で活躍した姉ワイルドフラッパーがいる血統背景からダート戦で使われていて、初めての芝挑戦となる今回でしぶとさを活かせた。手応えが見劣りながらも最後まで3着を確保したのは、ダートで鍛えられた部分が大きいだろう。今後の路線はどうなるか分からないが、素質の片鱗は見せていた。

 

 

総評

 

阪神開幕週という条件は例年通りなので、勝ち時計の2分11秒7は驚かされる。

ケイティクレバーが極端なスローペースに落とさなかったことで、レース全体が締まった展開になったことは大きい。キタノコマンドールがここを勝ったことで、DMMバヌーシーで注目を集めたDMMドリームクラブが初年度からクラシック戦線に乗せてきた。この活躍は、今後もこのような馬主形態が広まる契機となりそうだ。「西の秘密兵器」なんて言われ方はもうしないとは思うが、久しぶりにすみれステークスからクラシックに通用する可能性が高い馬が出てきたことも見逃せない。

 

f:id:umauma-free:20180410221407j:plain

 (写真・のだまハイ)

 

 

(勝木淳)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ