今週末の重賞レース紹介~青葉賞(GⅡ)~

今週末に開催される
「青葉賞」
をご紹介!
一体どんなレースなのでしょうか?

 

歴史は?

1994年に創設されると2001年にはGⅡへ格上げされています。

距離や条件は?

東京・芝・2400m

賞金は?

1着:5400万円
2着:2200万円
3着:1400万円
4着:810万円
5着:540万円

どんなレース?

ダービー本番と同じコースで施行されるダービートライアルの名門レースです。
しかし、ここの勝ち馬はダービーを勝利出来ないというジンクスもあり、いつそのジンクスを破る馬が現れるか!?に注目が集まります。

www.uma-furi.com


第1回となる1994年はエアダブリンが勝利し、ダービーでナリタブライアンの2着に敗れています。また、1994年の青葉賞3着馬はサクラローレルで、こちらはダービー出走を断念しています。
GⅡに格上げ後も2002年勝ち馬シンボリクリスエスがダービー2着、2003年勝ち馬勝ち馬ゼンノロブロイがダービー2着となっています。「青葉賞勝ち馬はダービーを勝てない」というジンクスが囁かれ始めたのもこの頃かと思います。
2010年に入ってもその傾向は変わりませんでした。2011年の出走馬は勝ち馬ウインバリアシオンがその後ダービー2着となっただけでなく、3着のトウセンレーヴ(エプソムC)、4着のギュスターヴクライ(阪神大賞典)、5着のショウナンマイティ(大阪杯)と、多数の重賞馬を輩出しています。翌年の勝ち馬フェノーメノも天皇賞(春)を連覇しています。
しかし、何故かダービー馬が出てこない!
今年こそ、今年こそ……そう強く思いながら、青葉賞ばたちはダービーを目指します。

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ