ディープインパクト産駒サクソンウォリアーが日本産馬初となる英国クラシック制覇!

5月5日、イギリスのニューマーケット競馬場にて英2000ギニー(G1)が行われました。

今年、英国クラシック第1冠を手にしたのは、ディープインパクト産駒のサクソンウォリアーでした。

 

サクソンウォリアーは父ディープインパクト、母メイビー(欧州2歳牝馬チャンピオン)、母の父はGalileoといった血統。

ノーザンファーム生産の日本産馬で、無傷の4連勝となりG1は2勝目です。

 

日本産馬が英国クラシックを制するという偉業達成は、まさに歴史的快挙。

6月2日にエプソム競馬場で行われる英ダービー(G1)への期待が高まります!

 

 

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ