【地方重賞回顧】第10回川崎マイラーズ(川崎・SⅢ)

川崎マイラーズ 〜新興勢力vs古豪勢〜 

 

2009年川崎競馬場で3歳以上南関東所属馬限定の南関東重賞として創設されました。

斤量は別定。ダート1600m戦で行われています。

 

 

レース回顧

 

今年で10回目の開催となり、10回目の記念レースに相応しいような顔ぶれです。

 

地方移籍2戦目のヨヨギマックオメガヴェンデッタ、地方移籍3戦目のポイントブランク、そして古豪のマイル勢力のムサシキングオーセイスコーピオンタイムズアローといった面々、新興勢力のインフォーマーウェイトアンドシー

好レース必至のメンバーが集結しました。

 

レースはゲートを出て5番ウェイトアンドシーがハナを切って先手を取りに行き、後ろに9番オメガヴェンデッタ、8番タイムズアロー、12番ムサシキングオーが続く展開。その後ろには2番ジョーオリオン、14番オウマタイム、6番ポイントブランク、1番ヨヨギマックと続きます。

展開は変わらず5番ウェイトアンドシーが譲らず先頭。9番オメガヴェンデッタ、8番タイムズアローと隊列はほぼ変わらず、行った行ったの展開になりそうな向こう正面。

3コーナーから4コーナーでも変わらず、5番ウェイトアンドシー、9番オメガヴェンデッタ、2頭の叩き合いに!

9番オメガヴェンデッタが徐々に5番ウェイトアンドシーに迫りますが、抜かせない!

どちらが先頭で駆け抜けるか、凄い追い合いでしたが、抜かせず5番ウェイトアンドシーが1着でゴールイン。

2着は食い下がった9番オメガヴェンデッタ

離されての3着は12番ムサシキングオー

 

全着順

第10回 川崎マイラーズ(SⅢ)3歳以上・オープン(川崎・ダート1600m)

着順
馬名
性別・馬齢
騎手
着差・タイム
1
ウェイトアンドシー
セ7
今野忠成
 1:41.3
2
オメガヴェンデッタ
セ7
真島大輔
クビ
3
ムサシキングオー
牡9
本田正重
2.1/2
4
セイスコーピオン
牡8
赤岡修次
2.1/2
5
オウマタイム
牡6
繁田健一
2.1/2
6
インフォーマー
牡7
張田昴
1.1/2
7
ヨヨギマック
牡7
 町田直希
クビ
8
ジョーオリオン
牡9
藤本現暉
クビ
9
キスミープリンス
牡10
的場文男
1.1/2
10
ラインハート
牝7
笹川翼
3/4
11
ポイントブランク
牡8
吉原寛人
1/2
12
ジャーニーマン
牡5
本橋孝太
4
13
バルダッサーレ
牡5
内田博幸
3
14
タイムズアロー
牡10
西村栄喜
4

 

 

1~3着馬コメント

1着ウェイトアンドシー (セン7)

父オレハマッテルゼ 母レディージーニアス(母父エブロス)

オレハマッテルゼは名牝ダイナカールを持つ血統。兄弟にはエガオヲミセテ

母父エブロスの産駒にはガーネット Sを制したビーマイナカヤマ、根岸 Sの勝ち馬ヤングエブロス、オジュウチョウサンで話題の障害界の名馬ボレールなどを輩出しています。

 

連勝中で出走してきた今回でしたが勢いそのままに逃げてオメガヴェンデッタ以外を離しての勝利。南関東のダートも合うのでしょう。地方マイル界の新たなスター誕生の予感ですね!

 

2着 オメガヴェンデッタ (セン7)

父ゼンノロブロイ 母ビハインドザマスク(母父ホワイトマズル)

母は短距離界からマイルまで賑わした名牝ビハインドザマスク。母父のホワイトマズルニホンピロアワーズアサクサキングスシルポートなど輩出しています。キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンド Sや凱旋門賞で武豊騎手が乗ったことでも知られています。

 

オメガヴェンデッタは地方のダートは合うのでしょうね。初ナイター、初コースの中で及第点以上の結果ではないでしょうか。ますます今後が楽しみです。

 

3着 ムサシキングオー (牡9)

父キングヘイロー 母ラストアウィン (母父ラストタイクーン)

父キングヘイロー産駒は高松宮記念馬ローレルゲレイロ、オークス馬のカワカミプリンセス、距離馬場問わず輩出しています。

母父のラストタイクーンは桜花賞馬アローキャリー、武幸四郎調教師に初勝利の重賞、JRA重賞勝利最短記録をプレゼントしたオースミタイクーンがいます。

 

上位2頭には離されましたが堂々の3着。古豪の意地を見せました。新興勢力が次々と出てきますが古豪ここに有りと存在感をこれからも見せてほしいと思います。

 

 

レース短評

 

ウェイトアンドシーオメガヴェンデッタのゲートを出てからの通過順位が1番、2番のまま、行った行ったの競馬。そのまま2頭で決まりましたが、直線は熱い叩き合い。非常に見応えありました。

リッカルドの対抗はこの2頭でしょうか。

ますますマイルが楽しみになってきました。

 

ウェイトアンドシー並びに関係者の皆様、おめでとうございます!

 

 

(ysk.h08)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ