【重賞回顧】第1回葵ステークス(新設重賞)

第1回から波乱の幕開け、競馬は逃げても差しても面白い!

重賞となって生まれ変わった伝統あるオープン特別

 

2018年より重賞となった葵ステークス

オープン特別として歴史があり、古くはオサイチジョージダイタクヘリオス、最近ではカルストンライトオロードカナロアなどのGⅠ実績のある馬が3歳春のステップとしたこともある。

また、JRAの賞金の降格ルールが変わることにより、この時期に重賞があることが重要となる。このタイミングで重賞を勝ち負けし、賞金を上積みしておくことで、夏~秋の古馬一線級との対決に備えることができる。

しかし、この記念すべき第1回目の開催を前にテイエムオペラオー死亡のニュースが流れこんできた。急遽、この京都メインの葵ステークスと東京メインの欅ステークスにテイエムオペラオー追悼競走というサブタイトルがつけられた。

名馬を偲んで、新設重賞を闘うというなかなかない機会。

今回は重賞という格付けのせいか、メンバーが揃った。

1番人気に支持されたのはアサクサゲンキ、2歳時に小倉2歳ステークスを好タイムで勝っている。朝日杯では結果は出せなかったが、3歳になってからファルコンステークスに進路をとり、7番人気だったとはいえミスターメロディの2着に残っている。このメンバーの中では唯一の重賞ウィナーだ。

トゥラヴェスーラは前走500万下を勝ったばかりだが、2馬身半ちぎっており、末脚には自信があることを評価され、オープンを勝った馬たちをさしおいて2番人気に支持されていた。

ほとんど差がない3番人気のアンヴァルは福島2歳ステークスを勝って、フィリーズレビューに臨み4着となり、桜花賞に駒を進めたが結果は出ず、結果を出している1200mのレースである当レースを選んできた。

フィリーズレビューやアーリントンカップなどに出走したラブカンプーは3歳短距離路線で逃げてその名を売ってきており、そろそろいいところを見せたい。

タイセイプライドオジョーノキセキマドモアゼルゴールドクイーンなど3歳オープンで勝ち負けしている馬だってそれほど差はない。

 

夏~秋に向けて弾みをつけたいのはどの馬も一緒だ。

ここを勝ち抜けていくのは誰なのか、そして、第1回の栄冠に輝くのは……。

 

 

レース回顧

 

スタートは人気のアサクサゲンキが出遅れ、アイアンクローもダッシュがつかない。

先頭にはゴールドクイーンが飛び出していく。追ってラブカンプー

外に沿ってウインジェルベーラレグルドールと続き、オジョーノキセキと並んでいく。

1馬身あいてマドモアゼルが外枠を走り、内からセイウンクールガイウィズウィズがペースをあげてインコースに入り、セイウンクールガイをかわしていく。

あっという間に3コーナー。後方のペイシャルアスビリーバーアンヴァルもペースを上げていく。2馬身空いてトゥラヴェスーラアサクサゲンキタイセイプライドという人気馬が控えている。さらに3馬身後ろにアイアンクロー

4コーナーが見えてくる。ゴールドクイーンが静かに先頭を走り、ペースは落ちない。

後方集団が4コーナーの外を回しているころ、ゴールドクイーンは手応え良く直線を走り出す。

2番手につけていたラブカンプーもバテることなく、いい脚をつかって伸びてくる。

3番手はウィズラブカンプーに向けて追いすがる。

先頭を走るゴールドクイーンは余裕の勢い。

ウィズの勢いは悪くないが、外からぐいぐい伸びてくる馬がいた。

トゥラヴェスーラだ。

一完歩ずつ差を詰める。その影にアサクサゲンキも顔を見せる。

ゴール前の猛追。

しかし、あくまで2番手争い。

その1馬身先にはゴールドクイーン

最後まで勢い衰えず、美しく逃げ切った。

2着は最後まで粘った内のラブカンプーと外から差してきたトゥラヴェスーラが痛み分けのような同着判定。

新設重賞は波乱の幕開けで始まった。

 

 

全着順

第1回葵ステークス(新設重賞)3歳オープン(京都・芝1200m)

着順
馬名
性別・馬齢
騎手
着差・タイム
1
ゴールドクイーン
牝3
古川吉洋
 1:08.0
2
ラブカンプー
牝3
和田竜二
1.1/4
2
トゥラヴェスーラ
牡3
福永祐一
同着
4
ウィズ
牡3
浜中俊
クビ
5
◯外アサクサゲンキ
牡3
武豊
アタマ
6
アンヴァル
牝3
藤岡康太
1.1/4
7
タイセイプライド
牡3
 岩田康誠
1.1/2
8
ペイシャルアス
牝3
国分恭介
1/2
9
マドモアゼル
牝3
酒井学
アタマ
10
ビリーバー
牝3
杉原誠人
クビ
11
ミッキーワイルド
牡3
北村友一
1.1/4
12
アイアンクロー
牡3
池添謙一
アタマ
13
セイウンクールガイ
牡3
国分優作
アタマ
14
オジョーノキセキ
牝3
松山弘平
2
15
ウインジェルベーラ
牝3
松岡正海
2.1/2
16
レグルドール
牝3
高倉稜
1/2

 

 

1~3着馬コメント

1着 ゴールドクイーン 3歳牝 古川吉洋騎手 9番人気

すいすい逃げて、危なげなくそのまま逃げ切った。これで3歳スプリント路線に個性的な逃げ馬が名を挙げることになる。

第1回に名を刻んだクイーンの夏の予定が気になるが、秋まで休養か、あるいはサマースプリント路線の目玉となるか。注目したい。

 

2着 ラブカンプー 3歳牝 和田竜二騎手 6番人気

フィリーズレビュー、アーリントンカップと激戦が続いているが、今回は見事な粘りで2着。テイエムオペラオー追悼競走だけに和田騎手が勝ち負けを争っている姿を見るのはなぜかうれしい気持ちにさせてくれる。この馬は父ショウナンカンプ×母父マイネルラヴというザ・スプリンターというような配合。半兄キングハートはついこの前の3月にオーシャンステークスを10番人気で勝っている。人気薄でも展開次第でチャンスはまだまだあることを教えてくれている。

 

2着 トゥラヴェスーラ 3歳牡 福永祐一騎手 2番人気

最後のゴール前の追い込みは迫力があった。1200mでの成績が安定しているだけに、これからもスプリント路線で攻めてくるだろう。この脚が使えるならば、勝利は遠くないはずだ。

 

 

総括

 

第1回の覇者として名を残したのはなんと9番人気の逃げ馬。

しかも2着は同着。

第1回目としてはとても面白い結果になった。

1番人気が出遅れ。差し馬が追い込んで届かず、逃げ馬が勝利するという展開はどこのレースにもあるが、そういったレースを見る度に逃げ馬の魅力、差し馬の迫力を再発見できる。

それぞれの脚質には馬の個性と能力が備わっており、能力はレースの展開に左右される。

勝ち抜くのはだれか。

新しく生まれ変わったレースでも、競馬の醍醐味を教えてくれるのは間違いない。

これからは古馬との対決も待っている。ここで賞金を積んだ快速馬たちの夏~秋の活躍に期待したい。

 

 

(みすてー)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ