【先週の2歳戦】いよいよ新馬戦スタート!世代の新馬勝ち第1号オルフェーヴル産駒ジャミールフエルテなど5レースの振り返り

いよいよ2018~2019年シーズンのPOGも実施される等、新馬の活躍を期待する声が多く聞かれる時期になりました。

今週から不定期ではありますが、メイクデビューを中心に2歳戦~3歳菊花賞までを追っていければと思います。

 

 

6月2日

阪神5R メイクデビュー阪神

オルフェーヴル産駒の1番人気ジャミールフエルテが、3番人気のハービンジャー産駒スマートユニバンスに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったジャミールフエルテは世代の新馬勝ち第1号となりました。

 

東京5R メイクデビュー東京

ダイワメジャー産駒で2番人気のジョディーが、スクリーンヒーロー産駒で1番人気ウインゼノビアに2馬身差をつけての勝利を収めました。

 

 

6月3日

阪神5R メイクデビュー阪神

キンサシャノキセキ産駒で4番人気のシングルアップが、ハービンジャー産駒で7番人気ハッピーアワーに1.3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

 

東京5R メイクデビュー東京

ディープインパクト産駒で1番人気グランアレグリアが、同じくディープインパクト産駒で2番人気ダノンファンタジーに2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったグランアレグリアは衝撃を受けるほどの上がりで、今後が特に楽しみな1頭です。

 

東京6R メイクデビュー東京

ロードカナロア産駒で1番人気アカネサスが、ジョーカプチーノ産駒の5番人気サワサワにアタマ差をつけての勝利を収めました。

勝ったアカネサスの母は2012年阪神牝馬Sを11番人気ながら制したクィーンズバーンです。

 

 

2歳戦が始まり1週目ながら、3日の東京でワンツーを決めたのもあり、ディープインパクトが2歳リーディングとなっています。

そのディープインパクトを皮切りに、世代1番目に勝ったオルフェーヴル、リーディングサイアー総合5位ダイワメジャー、9位ロードカナロアから勝ち馬が誕生し、2歳リーディングがどう変動していくのか、今から楽しみです。

リーディング情報も競馬を見る1つの視点として楽しんで頂けたら幸いです。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ