【先週の競馬】シンガポールターフクラブ賞など土日6レースを振り返り

 

7月14日(土)

中京7R 3歳未勝利

ディープインパクト産駒で1番人気ブレイニーランが、ルーラーシップ産駒で6番人気アトミカに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったブレイニーランは、半姉に2013年阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬のローブティサージュがいます。

 

函館9R 臥牛山特別

ステイゴールド産駒で2番人気ゴールドフラッグが、ヴィクトワールピサ産駒で1番人気のミッキーバードにハナ差をつけての勝利を収めました。

勝ったゴールドフラッグは連闘で挑みましたが、タフなステイゴールド産駒らしく勝ちました。全兄には重賞11勝でクラシックでも2冠に輝き、有馬記念・宝塚記念は連覇をしたゴールドシップがいます。 

 

7月15日(日)

福島9R 種市特別

ダイワメジャー産駒で2番人気ダノンポピーが、ハーツクライ産駒で1番人気チャロネグロに2.1/2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったダノンポピーは前走で未勝利を脱出し、今回で連勝となり、今後が楽しみな1頭です。半兄には今年の宝塚記念を制したミッキーロケットがいるだけに、活躍も見込まれますね。

 

中京4R 3歳未勝利

ノヴェリスト産駒で1番人気アドマイヤデジタルが、キングズベスト産駒で2番人気ロイヤルディクリーに2.1/2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったアドマイヤデジタルは、善戦しているものの勝ちきれないレースが続いていましたが、ようやく勝ちました。半兄には2005年朝日杯フューチュリティS覇者のフサイチリシャールがいます。

 

中京9R タイランドカップ

ディープインパクト産駒で2番人気スイーズドリームスが、キンシャサノキセキ産駒で4番人気ピュアコンチェルトに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったスイーズドリームスは、母が2005年エリザベス女王杯・宝塚記念を制したスイープトウショウです。

 

中京10R シンガポールターフクラブ賞

ステイゴールド産駒で1番人気シャルドネゴールドが、ダイワメジャー産駒で10番人気レイリオンに1馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったシャルドネゴールドは、ここは通過点。毎日杯で7着と負けた以外は堅実に走っており、前走京都新聞杯でも見せ場を作っての3着で伸びしろがまだまだあるため、秋の活躍が期待されます。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ