【地方重賞回顧】千葉日報賞(船橋・準重賞)

レース概要

夏の船橋、恒例のメインレース。

今年は準重賞として開催。

ハンデ戦の1600m戦で施行されています。

 

レース回顧

台風の影響もあり、不良馬場での開催となる今回のレース。

中央から移籍6戦目を迎えるラブミークン、連勝となるでしょうか。

夏に調子を上げてきたチャンピオンゴッド、2連勝で迎えるタイセイブラスト、2着3連続のマルヒロナッツオーらも、虎視眈眈と勝利を狙っています。

 

ゲートが開くと7番ノースカルロス、10番ラブミークンが良いスタート。

7番ノースカルロス、行き脚をつけた2番チャンピオンゴッドを行かせる形で10番ラブミークンは3番手に控える。

4番サトノクリエション、12番タイセイブラスト、11番ハードクラップ、8番バースフォンテン、1番マルヒロナッツオーと続く展開。

向こう正面で5番クラトリガーが捲って先行集団に取り付いていく。

3コーナー手前でペースも上がってきて7番ノースカルロスはズルズルと後退。

2番チャンピオンゴッドにジワジワと迫る10番ラブミークン

5番クラトリガーは3番手まで押し上げる。

4コーナー回って直線へ。

最内で逃げ込みたい、内で2番チャンピオンゴッドと10番ラブミークンが併せ馬の形で叩き合い。

3番手には5番クラトリガーが、大外に進路を取った1番マルヒロナッツオーも良い末脚で追い込んでくる。

2番チャンピオンゴッドを競り落とした10番ラブミークンが抜け出すと後続をどんどん突き放し先頭でゴールイン。

2着争いは逃げ粘ったチャンピオンゴッドを差し切った1番マルヒロナッツオー

3着は逃げ粘った2番チャンピオンゴッド

5番クラトリガーは前を捉えきれず4着という結果。

 

 

全着順

千葉日報賞(A2以下・準重賞)一般・ハンデ(船橋・ダート1600m)

着順
馬名
性別・馬齢
騎手
着差・タイム
1
ラブミークン
牡6
御神本訓史
 1:40.7
2
マルヒロナッツオー
牡4
本田正重
5
3
チャンピオンゴッド
牡8
真島大輔
1
4
クラトリガー
牡4
石崎駿
1
5
ハニームーン
牡6
森泰斗
5
6
タイセイブラスト
牡5
町田直希
アタマ
7
ノースカルロス
牡7
左海誠二
クビ
8
サトノクリエション
セ4
川島正太郎
2
9
ハードクラップ
セ8
本橋孝太
1.1/2
10
バースフォンテン
牡9
今野忠成
1.1/2
11
センティグレード
牡7
矢野貴之
アタマ
12
プラントハンター
牡8
笠野雄大
クビ

 

 

1~3着馬コメント

1着 ラブミークン (牡6)

父サウスヴィグラス 母オボロヅキ (母父カリズマティック)

 

好走続きからの2連勝と、波に乗ってきた感のあるラブミークン。いや、強い競馬でした。ここでは格が違いました。

前を悠々と見ながら直線で先頭に並ぶと、あとは交わして差を広げる横綱競馬。

この勢いのまま海千山千ひしめくマイル戦線に風穴を開けてくれるのか楽しみです。

 

父は大種牡馬サウスヴィグラス。残した産駒が活躍しており喜んでいることと思います。まだまだ影響力はありますね。

母父カリズマティックはアメリカ2冠馬。産駒としては息の長い活躍でダート界の看板を背負う1頭だったワンダーアキュートがおり、種牡馬入りしています。

 

2着 マルヒロナッツオー (牡4)

父パイロ 母フライバイペガサス (母父fusaichi pegasus)

 

これで5戦連続2着と勝ちきれないまでも好走続きですが、相手が相手だっただけに致し方ないところ。良い末脚を見せてくれましたし、次走が楽しみですね。

 

パイロからは、今年は東京ダービー馬ハセノパイロが出ました。

また同じ父のタピットが成功しているので、今後どのような馬たちが生まれるのか楽しみです。

母父fusaichi pegasusは日本人馬主初のケンタッキーダービー馬。産駒は日本ではフィフティーワナーフサイチセブンの重賞馬がでています。

 

3着チャンピオンゴッド (牡8)

父マーベラスサンデー 母アクティブサンサン(母父ブライアンズタイム)

 

逃げ争いを演じ、ノースカルロスが沈む中、粘り切りました。

最後はマルヒロナッツオーには差されてしまいましたが、展開のあやもあるなかでよく粘ったと思います。

長距離で好走しているように、今一度血統的にも長いところで見てみたいですね。

 

マーベラスサンデーは宝塚記念馬。デビューが順調であればクラシック戦線を沸かせていたでしょう。産駒としてはキングズジョイマーベラスカイザーの名ジャンパー、ネヴァブションなどを輩出。

最近ではタツゴウゲキがオープンで活躍しています。また母父としては桜花賞馬で芝ダート不問のレッツゴードンキがいます。

 

 

ラブミークン、関係者の皆様、千葉日報賞勝利おめでとうございます!

 

 

(ysk.h08)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ