各チャンピオンはどの馬に?サマーシリーズ2018の結果

 

今年の夏もサマーシリーズが行われました。

サマースプリントシリーズサマー2000シリーズサマーマイルシリーズ、そしてサマージョッキーズシリーズ

それぞれのチャンピオンに輝いたのはどの馬・騎手だったのでしょうか?

 

 

サマースプリントシリーズ

 

チャンピオンは、アレスバローズでした!

 

CBC賞、北九州記念を制したアレスバローズが20点を獲得しチャンピオンとなりました。

2位はアイビスサマーダッシュを制したダイメイプリンセス(16点)。

3位はアイビスサマーダッシュ2着、北九州記念3着、セントウルステークス2着と安定した成績を残したラブカンプー(15点)でした。

 

 

サマー2000シリーズ

 

チャンピオンは、メドウラークでした!

 

七夕賞を制し、3戦に出走したメドウラークが13点を獲得しチャンピオンとなりました。

2位は札幌記念を制したサングレーザー(12点)。

3位は10点を獲得した3頭。

函館記念を制したエアアンセム、小倉記念を制したトリオンフ、新潟記念を制したブラストワンピースとなりました。

 

 

サマーマイルシリーズ

 

チャンピオンは、該当馬なしでした。

 

全3戦に出走したワントゥワンが12点を獲得し、最高得点となりました。

しかし、「12点以上であり、かつ、各シリーズ対象競走において1勝以上した馬の中から、合計得点が最上位の馬をシリーズチャンピオンとする」という条件を満たしていないため、該当馬なしという結果となりました。

 

 

サマージョッキーズシリーズ

 

チャンピオンは、福永祐一騎手でした!

 

獲得ポイントではM.デムーロ騎手が最上位となりますが、対象レースにおいて1勝以上していないため、獲得ポイント2位、札幌記念をサングレーザーで制した福永祐一騎手がチャンピオンとなりました。

 

 

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ