【先週の競馬】毎日王冠、グリーンチャンネルカップなど10レースの振り返り

 

10月6日(土)

東京9R 本栖湖特別

ディープインパクト産駒で2番人気のヘリファルテが、ステイゴールド産駒で1番人気のブラックプラチナムにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったヘリファルテは昨年のプリンシパルS8着で、秋に向け連勝して今後が楽しみでしたが、そこから長期の休養。迎えたこのレースで勝ちました。ディープインパクト産駒であっさり勝っただけに、1つ上でもすんなり勝ちそうな予感です。

 

京都6R 3歳上500万下

フリオーソ産駒で1番人気のエイコーンが、クロフネ産駒で2番人気のカレンカカに5馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったエイコーンは3月にダート替わりをし、未勝利勝ち。以降は2着が続いていましたが、今回は久しぶりの勝利となりました。

 

 

10月7日(日)

東京11R 毎日王冠(GⅡ)

クロフネ産駒で1番人気のアエロリットが、ロードカナロア産駒で3番人気ステルヴィオに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったアエロリットは、前走安田記念では落鉄もある中で古馬相手にクビ差と健闘しており、今回は1番人気に推され見事に応えました。鞍上がモレイラ騎手というのも心強かったですね。これで東京コースも【3・2・0・1】。天皇賞ではなくマイルチャンピオンシップに向かう予定とのことですが、ハナを切っての押しきり勝ちを天皇賞でも見たい気がします。

 

 

10月8日(月・祝)

東京9R 山中湖特別

ローエングリン産駒の1番人気のイストワールファムが、ダイワメジャー産駒で2番人気レイリオンに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったイストワールファムは東京では初勝利ですが、開幕週の馬場で、過去上がりタイムが上位ばかりだったこともあり、ここでは勝ちきりました。

 

東京10R 六社S

ルーラーシップ産駒で2番人気ムイトオブリガードが、ステイゴールド産駒で1番人気のルックトゥワイスに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったムイトオブリガードは3走前に500万から阪神大賞典に挑戦したことが話題になりましたが、その後は2連勝を飾り、得意の左回り、開幕週の東京で3連勝となりました。

 

東京11R グリーンチャンネルカップ

ゴールドアリュール産駒で1番人気のサンライズノヴァが、スパイキュール産駒で4番人気ナムラミラクルを抑えての勝利を収めました。

勝ったサンライズノヴァは重賞でもしっかり走っており、今年のフェブラリーSでも4着。ここはメンバー的にも負けられませんでした。次走は未定ですが、重賞だと思いますので善戦を期待します。

 

京都6R 3歳上500万下

キングカメハメハ産駒で1番人気のマグナレガーロが、ロージズインメイ産駒で4番人気マルヨシャバーリーに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったマグナレガーロは新馬戦を勝ったもののフレグモーネにより休養。前走の復帰戦は出遅れて3着でしたが、母リビアーモは現役時代6勝していることからも素質があり、人気に応えました。

 

京都9R 円山特別

パイロ産駒で2番人気タテヤマが、ティズワンダフル産駒で3番人気ヒップホップスワンに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったタテヤマは春から調子を維持しており、この勝利で近5走【3・1・1・0】となり次走も注目です。

 

京都10R 長岡京S

ステイゴールド産駒で1番人気ソーグリッタリングが、キングカメハメハ産駒で2番人気ロライマに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったソーグリッタリングの母は2008年桜花賞3着で4勝をあげているソーマジックです。

 

京都12R 3歳上500万下

バーナディニ産駒で1番人気のユメノトビラが、サマーバード産駒で2番人気のアシャカリアンに5馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったユメノトビラはJRA初出走の上に6か月ぶりのレースでしたが、園田ではデビューから3連勝していた実力馬で、ここもすんなりと勝ちました。まさしく名前の如く『夢の扉』が開いたかもしれません。大きいところも十分狙えそうなので期待します。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ