【先週の2歳戦】アドマイヤラクティ半弟アドマイヤジャスタが紫菊賞勝利!など土日7レースの振り返り

 

10月13日(土)

京都9R もみじS

ルーラーシップ産駒で2番人気のニホンピロヘンソンが、ブラックタイド産駒で1番人気ディープダイバーに1.3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったニホンピロヘンソンは新馬戦を勝っての連勝となりました。

 

東京3R 2歳未勝利

ディープブリランテ産駒で2番人気のアドマイヤスコールが、ロードカナロア産駒で1番人気のソルドラードにハナ差をつけての勝利を収めました。

勝ったアドマイヤスコールは、前走は出遅れが響いての3着でしたが、人気だったレイデオロの弟ソルドラードに先着となり勝ち上がりました。

 

東京5R メイクデビュー東京

ルーラーシップ産駒で2番人気のパッシングスルーが、ヘニーヒューズ産駒で4番人気ワイドファラオにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったパッシングスルーの母は2009年チューリップ賞をブエナビスタの7着となり、オークスにも出走しているマイティースルーです。

 

東京9R プラタナス賞

ゴールドアリュール産駒で2番人気ガルヴィハーラが、同じくゴールドアリュール産駒で3番人気のリープリングスターに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったガルヴィハーラは新馬戦で0.9秒差をつけて圧勝しており、今回も危なげなく連勝となりました。

 

10月14日(日)

東京3R メイクデビュー東京

ロードカナロア産駒で2番人気フォークテイルが、オルフェーヴル産駒の1番人気グリグリに2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったフォークテイルは半兄にステイヤーズSを3連覇しているアルバートがいます。

 

京都5R メイクデビュー京都

ロードカナロア産駒で2番人気サトノウィザードが、ディープインパクト産駒で1番人気カントルに1馬身差をつけての勝利を収めました。

注目の新馬戦となったレースで、ワグネリアンの全弟カントルが1番人気に推されましたが、2009年ローズS勝ち馬で秋華賞も2着のブロードストリートを母に持つサトノウィザードとの一騎討ちとなり、サトノウィザードが勝ちました。しかし、カントルもすぐに勝ち上がる力はありますね。

 

京都9R 紫菊賞

ジャスタウェイ産駒で1番人気のアドマイヤジャスタが、ディープインパクト産駒で3番人気ロジャーバローズに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったアドマイヤジャスタは新種牡馬のジャスタウェイ産駒の中でも期待の大きい1頭で、半兄には中央では2013年にダイヤモンドSを勝ち、海外でもオーストラリアでG1のコーフィールドカップを制したアドマイヤラクティがいます。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ