萩S・過去の出走馬たち

2歳戦も評判の高い馬も走り出し、そろそろ暮れの大一番に向けてレースを選択してくる時期になりますね。

そんな中で今週末開催予定の萩Sは出世レースの一つとなるため、ここで押さえておきたいと思います。

過去のレースでは、のちのGⅠ馬、さらにはダービー馬も輩出しています。

 

2009年

1着コスモファントム

2011年には中山金杯中日新聞杯を制する活躍を見せました。

 

3着エイシンフラッシュ

2010年には京成杯を制し、ダービーも制しました。古馬になっても天皇賞(秋)を制し、有馬記念でも2着など実力を発揮しました。

 

2010年

1着ショウナンマイティ

古馬になり活躍し、2012年大阪杯を制しました。

 

3着ベルシャザール

ダートで活躍した印象が強いですが、3歳時にはクラシック3戦ともに出走し、ダービーではオルフェーヴルの3着の実力がありました。古馬になってからはダートで好走し、2013年ジャパンカップダートを制しG1馬となりました。

 

2013年

2着ワンアンドオンリー

エイシンフラッシュ以来の萩S出走からのダービー馬となりました。重賞3勝をあげました。

 

2015年

1着ブラックスピネル

重賞を勝てない時期が続いたものの、2017年東京新聞杯で悲願達成となりました。

 

2着スマートオーディン

毎日杯京都新聞杯と3歳時に重賞を連勝しており、全部で3つの重賞勝ち馬です。

 

3着レインボーライン

アーリントンカップを制してNHKマイルカップでは3着と結果を出し、菊花賞では2着と幅広い距離での活躍を見せました。古馬になり2018年は阪神大賞典を勝ち、そのままの勢いで天皇賞(春)を伏兵評価ながら強豪を相手に勝利を収めました。

しかし、怪我もありこれからというときでしたが引退となりました。

 

2017年

1着タイムフライヤー

記憶に新しい昨年の勝ち馬で、暮れのホープフルSで勝利を収めG1馬となり、菊花賞でも好走と今後に期待です。

 

 

そして迎える、平成最後の萩S

どのようなレースとなるのか、出走馬たちの今後の活躍も楽しみにしたいと思います。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ