【先週の競馬】観月橋S、武蔵野S、福島記念など土日7レースの振り返り

 

11月10日(土)

京都10R 観月橋S

ケイホーム産駒で1番人気インティが、フリオーソ産駒で2番人気テルペリオンに5馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったインティはこれで5連勝。内容も他馬を圧倒しての連勝で、前走は特に休み明けながら10馬身差をつけての勝利でした。今後、いきなり重賞で結果を残す可能性もあるのではないでしょうか。

 

東京11R 武蔵野ステークス(GⅢ)

ゴールドアリュール産駒で1番人気サンライズノヴァが、パイロ産駒で7番人気クインズサターンに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったサンライズノヴァは、今年のフェブラリーSでは見せ場をつくっての4着で、その後も好調を維持しているだけに、次走がG1となれば注目したいです。

 

11月11日(日)

東京9R tvk賞

キングカメハメハ産駒で1番人気ロシュフォールが、エンパイアメーカー産駒で3番人気プラチナヴォイスに2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったロシュフォールの母は、2004年阪神ジュベナイルフィリーズ2着馬のアンブロワーズです。

 

福島6R 3歳上500万下

クロフネ産駒で1番人気カレンカカが、ハーツクライ産駒で2番人気オーケストラにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったカレンカカの全姉には2011年スプリンターズS・2012年高松宮記念等重賞5勝のカレンチャンがいます。

 

福島11R 福島記念(GⅢ)

ステイゴールド産駒で2番人気スティッフェリオが、ハーツクライ産駒で3番人気マイスタイルに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったスティッフェリオは札幌記念では12番人気ながら5着に入っており、今回が重賞初制覇となりました。

 

京都6R 3歳上500万下

アイルハヴアナザー産駒で2番人気マイネルブロッケンが、ヨハネスブルグ産駒で3番人気スズカブルグに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったマイネルブロッケンは母に2008年フィリーズレビュー・ローズSを勝ったマイネレーツェルがいます。

 

京都10R 修学院ステークス

ブレイム産駒で2番人気ランドネが、キングカメハメハ産駒で1番人気レッドヴェイロンにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったランドネは紫苑Sではノームコアの3着、秋華賞では見せ場を作っての6着といった実力馬だけに、得意の1800メートルでは負けられませんでした。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ