【先週の競馬】フルーツラインカップ、福島民友カップ、霜月Sなど土日8レースの振り返り

 

11月17日(土)

福島11R フルーツラインカップ

ステイゴールド産駒で7番人気ゴールドフラッグが、アドマイヤムーン産駒で5番人気ミルトプレストにアタマ差をつけての勝利を収めました。

勝ったゴールドフラッグは全兄に重賞11勝、G1を6つ勝ったゴールドシップがいます。

 

東京9R 伊勢佐木特別

オルフェーヴル産駒で6番人気アルドーレが、クロフネ産駒で3番人気エルデュクラージュに1馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったアルドーレの半姉は、先日JBCレディースクラシック覇者の半姉アンジュデジールです。

 

東京10R ユートピアS

ディープインパクト産駒で1番人気アルーシャが、ディープブリランテ産駒で4番人気リカビトスにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったアルーシャは500万からの3連勝で、クイーンカップではマウレアに先着の3着と、左回りのマイルは向いてますね。

 

京都8R 3歳上1000万下

ハービンジャー産駒で2番人気モーヴサファイアが、ディープインパクト産駒で1番人気センテリュオに1馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったモーヴサファイアは半兄に2017年東京新聞杯覇者のブラックスピネルがいます。

 

京都10R 比叡S

キングカメハメハ産駒で1番人気グローブシアターが、ステイゴールド産駒で3番人気アクートにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったグローブシアターは良血馬と期待されながらもまだまだ力を出せていないと感じます。母シーザリオは日米オークスを制したように、兄のエピファネイア同様に名牝と呼ばれるよう、活躍を期待したいです。

 

11月18日(日)

福島11R 福島民友カップ

キンサシャノキセキ産駒で1番人気ヒラボクラターシュが、カジノドライヴ産駒で7番人気ドライヴナイトに2.1/2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったヒラボクラターシュは力のある馬で、前走のシリウスSでも強いメンバーの中で4着としっかり実績を残しており、今後に期待します。

 

東京10R 錦秋S

アドマイヤオーラ産駒で1番人気アルクトスが、ダイワメジャー産駒で2番人気レッドオルバースに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったアルクトスは前走のレパードSでも見せ場を作っての5着。馬体が大きい分、力のいる馬場は合っていて、左回りが得意なだけにオープンでもいきなり走る可能性もあります。

 

東京11R 霜月S

クロフネ産駒で7番人気サトノファンタシーが、スクリーンヒーロー産駒で14番人気プロトコルにアタマ差をつけての勝利を収めました。

勝ったサトノファンタシーはポラリスS以来のオープン勝ちとなりましたが、このレースは8着までが0.2秒差と大混戦で、現在のダート短距離路線を物語ったレースでした。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ