【先週の3歳戦】ジュニアカップ、シンザン記念など土日4レースの振り返り

 

1月5日(土)

中山5R メイクデビュー中山

ルーラーシップ産駒で2番人気ヒシゲッコウが、ディープインパクト産駒で1番人気のブルーエクセレンスに1.3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったヒシゲッコウは半兄に2018年マイルチャンピオンシップ覇者のステルヴィオがいます。

 

京都8R 福寿草特別

ディープインパクト産駒で1番人気ロジャーバローズが、ブラックタイド産駒で3番人気ハギノアップロードに2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったロジャーバローズは人気にもなっている通り、このメンバーでは抜けている存在でした。

 

1月6日(日)

中山10R ジュニアカップ(L)

ドバウィ産駒で3番人気ヴァッシュモンが、マツリダゴッホ産駒で7番人気カルリーノにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったヴァッシュモンは、初勝利の前走から3ヶ月の休み明けで2勝目をあげました。

 

京都11R シンザン記念(GⅢ)

ロードカナロア産駒で4番人気ヴァルディゼールが、ヴィクトワールピサ産駒で10番人気マイネルフラップにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったヴァルディゼールはメイクデビューからの連勝。出世レースを勝っただけに次走も期待されます。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ