【先週の3歳戦】白梅賞、フェアリーS、黒竹賞など土日4レースの振り返り

 

1月12日(土)

京都9R 白梅賞

クロフネ産駒で3番人気エメラルファイトが、スクリーンヒーロー産駒で2番人気マイネルウィルトスにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったエメラルファイトは、前走朝日杯フューチュリティステークスでは出遅れながらも上がり33.5のタイムで6着に食い込んでいました。ここでは実力を発揮し、見事な勝利でした。

 

中山11R フェアリーS(GⅢ)

ハービンジャー産駒で3番人気フィリアプーラが、マツリダゴッホ産駒で4番人気ホウオウカトリーヌにアタマ差をつけての勝利を収めました。

勝ったフィリアプーラは半兄に2011年朝日杯フューチュリティステークスを勝ったアルフレードがいます。

 

1月13日(日)

京都2R 3歳メイクデビュー

キングカメハメハ産駒で1番人気パールデューが、タートルボウル産駒で7番人気サイモンオーキッドに1.3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったパールデューの母は2008年マイルチャンピオンシップ覇者のブルーメンブラッドです。

 

中山9R 黒竹賞

ベーカバド産駒で1番人気デアフルーグが、アポロキングダム産駒で5番人気ロダルキラーに5馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったデアフルーグはデビュー戦の前走でも9馬身の圧勝で、次走に予定されているヒヤシンスSでも楽しみな存在です。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ