【2018年度JRA賞】年度代表馬はアーモンドアイ!気になるその他の受賞馬は?

最優秀2歳牡馬 アドマイヤマーズ

 

ホープフルSを勝ったサートゥルナーリアとの票が割れましたが、アドマイヤマーズが選出されました。

 

 

最優秀2歳牝馬 ダノンファンタジー

 

ここは文句なしの選出ですね。重賞2勝で内容も良くクラシックも狙える1頭です。

 

 

最優秀3歳牡馬 ブラストワンピース

 

ここも甲乙付け難く、票にも表れていましたね。やはり決め手となったのは、古馬のレベルが高かった馬が出走した有馬記念で、レイデオロ以下をねじ伏せた点ではないでしょうか。

 

 

最優秀3歳牝馬 アーモンドアイ

 

文句なしの選出ですね。牝馬三冠を成し遂げ、ロードカナロアの種牡馬としての価値も高めたと思います。特にオークスまで距離が伸びても適応性があると実証したのは大きいです。

 

 

最優秀4歳上牡馬 レイデオロ

 

ダービー馬として春を迎えましたが期待には応えられず。しかし秋を迎え、しっかり天皇賞(秋)を勝ち、存在感を高めて人気となった有馬記念でも十分見せ場を作りました。来年さらなる高みを目指してもらいたいです。

 

 

最優秀4歳上牝馬 リスグラシュー

 

2歳時から2着が多く、好走はするものの2着止まりが続きましたが、エリザベス女王杯で悲願のG1制覇を飾りました。

 

 

最優秀短距離馬 ファインニードル

 

スプリントG1春秋を勝って、こちらも文句なしの成績を収めての選出ですね。引退となりましたが種牡馬としての活躍を見てみたいです。特にロードカナロア産駒との戦いは楽しみです。

 

 

最優秀障害馬 オジュウチョウサン

 

障害競走は1走ながら2着に2秒4差をつけての勝利。平地に転向しても活躍し、有馬記念出走まで上り詰めましたね。これで3年連続の選出です。

 

 

最優秀ダート馬 ルヴァンスレーヴ

 

古馬との対決となった南部杯にチャンピオンカップ、共に快勝で2006年アロンダイト以来12年ぶりに3歳からの選出となりました。個人的にはアーモンドアイがもし同世代でなければ、年度代表馬もあり得たと思います。

 

 

年度代表馬 アーモンドアイ

 

平成最後の年度を締め括ったのは、2000年テイエムオペラオーが満票で受賞して以来の満票を獲得したアーモンドアイでした。3冠だけでなく、ジャパンカップでの衝撃の2分20秒6の世界レコード。満票は納得でしたね。

 

ーーー 

さて、2019年は新元号となります。

記念すべき活躍をみせ、名前を残す馬が出てくるか楽しみです。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ