【先週の競馬】すばるS、AJCC、東海Sなど土日7レースの振り返り

 

1月19日(土)

中山10R 初茜賞

ゴールドアリュール産駒で1番人気ゴライアスが、トランセンド産駒で2番人気パレスハングリーに1馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったゴライアスは半姉に2017年フェアリーSを勝ったライジングリーズンがいます。またこの勝利で3勝目となり、全7戦とも3着以内の好調です。

 

中山11R 初富士S

ステイゴールド産駒で1番人気レッドローゼスが、ディープインパクト産駒で5番人気アッフィラートに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったレッドローゼスはこれで5勝目となり、芝の1800メートルは7戦ともに3着以内を確保していて、まだまだ活躍が見込まれます。

 

京都9R 祇園特別

ロードカナロア産駒で1番人気ダイアトニックが、ダイワメジャー産駒で4番人気グランドロワにハナ差をつけての勝利を収めました。

勝ったダイアトニックはこれでデビューから7戦連続掲示板確保。父ロードカナロアのように短距離が向きそうです。

 

京都11R すばるS(L)

キンシャサノキセキ産駒で2番人気サクセスエナジーが、エンパイアメーカー産駒で3番人気スマートダンディーに3.1/2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったサクセスエナジーは昨年、交流重賞2勝を収めています。暮れの兵庫GTでも、逃げてアタマ差で敗れはしましたが内容は良く、期待したいです。

 

1月20日(日)

中山11R AJCC(GⅡ)

マンハッタンカフェ産駒で7番人気シャケトラが、ディープインパクト産駒で1番人気フィエールマンにアタマをつけての勝利を収めました。

勝ったシャケトラは重賞2勝目となりました。骨折により、2017年有馬記念以来の出走となりましたが、人気馬を蹴散らし見事な勝ち方でしたね。

何よりまだ6歳のため、一躍重賞戦線に楽しみな存在の出現です。

 

京都10R 舞鶴S

フリオーソ産駒で1番人気タイキフェルヴールが、キングカメハメハ産駒で6番人気シロニイに1.3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったタイキフェルヴールは3歳時にUAEダービーで6着となりましたが、経験が大事で帰国復帰戦も出遅れながら勝ちを収め、この勝利で4勝目となりました。

 

中京11R 東海S(GⅡ)

ケイムホーム産駒で1番人気インティが、キングカメハメハ産駒で2番人気チュウワウィザードに2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったインティは以前の回顧でも紹介した様にしっかりと人気に応え、フェブラリーSでも上位人気になりそうですね。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ