【先週の3歳戦】かささぎ賞、つばき賞、ヒヤシンスSなど土日6レースの振り返り

 

2月16日(土)

小倉10R かささぎ賞

ジャスタウェイ産駒で2番人気ラミエルが、ローズキングダム産駒で3番人気グッドレイズにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったラミエルの半兄には2016年阪神カップ覇者のシュウジがいます。父がジャスタウェイに代わりましたが、スプリントで2勝となりましたので短距離路線での活躍が期待されます。

 

京都1R 3歳未勝利

アイルハヴアナザー産駒で1番人気メイショウイフウが、ロードカナロア産駒で2番人気ダノングリスターに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったメイショウイフウは2012年京都大賞典覇者のメイショウカンパクを半兄に持ちます。連続2着となって惜しい競馬をしていましたが、武豊騎手の好調さも手伝ってか初勝利をあげました。

 

京都9R つばき賞

ディープインパクト産駒で2番人気ワールドプレミアが、ノーネイネヴァー産駒で3番人気ユニコーンライオンに1馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったワールドプレミアはこの世代のディープインパクト産駒ではトップ5に入りそうな期待の存在で、全兄には2014年マイラーズカップ覇者のワールドエースが居ます。G1も狙える馬だと思います。

 

2月17日(日)

京都1R 3歳未勝利

クロフネ産駒で4番人気ダイヤクインが、スクリーンヒーロー産駒で2番人気キコクイーンに2.1/2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったダイヤクインは半兄に2014年スプリンターズS覇者のスノードラゴンがいます。初戦は芝で1400メートルを使っての6着と長い印象でしたので、1200メートルでの変わり身が見られました。

 

京都5R 3歳未勝利

キングカメハメハ産駒で2番人気レッドジェニアルが、エンパイアメーカー産駒で5番人気サンライズアキレスに3馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったレッドジェニアルは母に2008年フローラSを勝ったレッドアゲートを持ちます。次はどこに行くかは不明ですが、500万でなら勝ち負けの競馬を出来るのではと思える内容のレースでした。

 

東京9R ヒヤシンスS

ヘニーヒューズ産駒で2番人気オーヴァルエースが、シンボリクリスエス産駒で3番人気ヴァイトブリックに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったオーヴァルエースはこれで3連勝。次は地方になるかもしれませんが、出世レースのヒヤシンスSを勝ったことで注目していきたいです。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ