【先週の競馬】富里特別、中山記念、阪急杯など土日6レースの振り返り

 

2月23日(土)

阪神7R 4歳上500万下・牝馬

クロフネ産駒で1番人気カウントオンイットが、クロフネ産駒で4番人気チカリータにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったカウントオンイットは全姉に2012年ヴィクトリアマイルを制して通算重賞5勝のホエールキャプチャをもちます。ダートに替わり2着となった前走から挑んだこのレースを勝ち、父クロフネなのでさらに期待できます。

 

中山10R 富里特別

ディープインパクト産駒で1番人気ジナンボーが、ダンスインザダーク産駒で5番人気トータルソッカーに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったジナンボーはまだ4戦目ながら3勝で、新馬勝ち以降16ヶ月の休養がありクラシックには参戦出来ませんでしたが、良血馬だけに重賞を狙える馬ですね。

 

2月24日(日)

中山7R 4歳上500万下

ローエングリン産駒で1番人気テンワールドレイナが、ハーツクライ産駒で2番人気レッドイリーゼに1.3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったテンワールドレイナは3歳時にはアネモネSにも出走していて、ここ5戦連続で掲示板確保と堅実に走っていますね。

 

中山11R 中山記念(GⅡ)

ステイゴールド産駒で5番人気ウインブライトが、オルフェーヴル産駒で6番人気ラッキーライラックにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったウインブライトはこれで重賞5勝目。前走中山金杯に続いて連勝で、中山記念も連覇となりました。中山コースも8戦5勝2着2回となり、次走は大阪杯が有力。昨年と同様のローテーションになるため今年は去年以上のパフォーマンスが期待されます。

そして2着のラッキーライラックもクビ差で敗れたものの昨年よりは良化していて、マイルでは4勝しているだけにヴィクトリアマイルでも見てみたいです。

 

阪神9R 伊丹S

ハーツクライ産駒で4番人気ロードゴラッソが、ホワイトマズル産駒で3番人気リテラルフォースに3.1/2差をつけての勝利を収めました。

勝ったロードゴラッソはこれで500万からの3連勝。ダートに変わってからは底を見せていませんし、次走は重賞でもハーツクライ産駒のためいきなりの勝ち負けのレースにはなるかもしれません。

 

阪神11R 阪急杯(GⅢ)

ダノンシャンティ産駒で11番人気スマートオーディンが、キングカメハメハ産駒で4番人気レッツゴードンキに1馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったスマートオーディンは3歳時も京都新聞杯を出遅れながら最速の上がりを叩きだし優勝。ダービーでも6着と見せ場を作りこれからというときに2年間の休養に。昨年エプソムカップで復帰はしたものの距離が短縮しましたが、着順は9着以下と結果は出ませんでした。しかし今回の阪急杯では大外から伸びて先に出たレッツゴードンキをかわしての優勝。これで高松宮記念の優先出走権を獲得しましたが、あくまで目標は安田記念とのことですので次走は京王杯SCが有力です。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ