【先週の競馬】韓国馬事会杯、但馬Sなど土日5レースの振り返り

 

3月16日(土)

中山10R 韓国馬事会杯

ゴールドアリュール産駒で2番人気ゴライアスが、アイルハヴアナザー産駒で5番人気マイネルユキツバキに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったゴライアスは連勝。安定した成績で、これでデビュー戦から8戦連続3着以内となりました。

 

3月17日(日)

中山8R 4歳上500万下

ノヴェリスト産駒で7番人気ダイワメモリーが、ヴィクトワールピサ産駒で5番人気ミッキーバードにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったダイワメモリーの母は2008年有馬記念を制し、12戦8勝2着4回のダイワスカーレットです。

 

中山10R 千葉S

キンサシャノキセキ産駒で4番人気シュウジが、スクリーンヒーロー産駒で3番人気ウインオスカーに1.1/2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったシュウジは2016年阪神カップを勝っており、ダートでの変わり身に期待です。

 

中京11R 小牧特別

ハーツクライ産駒で1番人気アロハリリーが、タニノギムレット産駒で4番人気モザイクに2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったアロハリリーはデビュー戦からこれで7戦連続3着以内を確保と、クラスが上がっての戦いにも期待です。

 

阪神10R 但馬S

ハービンジャー産駒で2番人気モーヴサファイアが、ディープインパクト産駒で1番人気フランツに3馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったモーヴサファイアは半兄に2017年東京新聞杯覇者のブラックスピネルがおり、これで6戦連続連対と安定感があります。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ