【先々週の3歳戦】ファルコンS、フラワーカップ、スプリングSなど土日8レースの振り返り

 

3月16日(土)

中京11R ファルコンS(GⅢ)

ハービンジャー産駒で4番人気ハッピーアワーが、ロードカナロア産駒で3番人気グルーヴィットに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったハッピーアワーは大外をものともせず勝ちました。出遅れが響いてのシンザン記念5着からの巻き返しで、武幸四郎厩舎に重賞初勝利をもたらしました。

 

中山5R 3歳未勝利

ヴァーミリアン産駒で2番人気グレルグリーンが、ジャスタウェイ産駒で1番人気トランスナショナルに1.3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったグレルグリーンの母は……懐かしいですね。1999年オークス馬のウメノファイバーです。

 

中山11R フラワーカップ(GⅢ)

ディープインパクト産駒で2番人気コントラチェックが、ヴィクトワールピサ産駒で1番人気エールヴォアに2.1/2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったコントラチェックは、半姉に重賞3勝馬でオークス3着の経験のあるバウンスシャッセがいます。父がディープインパクトに代わったこともあり、桜花賞で結果を残したいですね。

 

阪神5R 3歳未勝利

トーセンラー産駒で1番人気トーセンスカイが、ダンカーク産駒で3番人気メイショウオウギにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったトーセンスカイの半兄には、阪神大賞典にも出走した2017年鳴尾記念勝ち馬のステイインシアトルがいます。

 

阪神6R 3歳500万下

キングヘイロー産駒で1番人気セプタリアンが、ワークフォース産駒で3番人気タガノカルラに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったセプタリアンは半姉に2018年クイーンカップ勝ち馬のテトラドラクマがいます。

 

阪神11R 若葉S(L)

ジャスタウェイ産駒で1番人気ヴェロックスが、ディープインパクト産駒で2番人気ワールドプレミアに3馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったヴェロックスは申し分ない勝ち方で、3馬身差をつけての勝ちっぷりは距離が伸びても問題なさそうでした。ダービーも視野に入りましたね。

 

3月17日(日)

中山5R 3歳未勝利・牝馬

ジャスタウェイ産駒で1番人気シングフォーユーが、ヴィクトワールピサ産駒で8番人気エスデスに3.1/2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったシングフォーユーは半姉に2015年フローラS勝ち馬のシングウィズジョイがいます。

 

中山11R スプリングS(GⅡ)

クロフネ産駒で10番人気エメラルファイトが、ロードカナロア産駒で1番人気ファンタジストにアタマ差をつけての勝利を収めました。

勝ったエメラルファイトは札幌2歳Sでは出遅れての4着。朝日杯フューチュリティステークスでも出遅れが響き、終いの脚は切れ味がありメンバー最速ながらも6着で、重賞では勝てませんでした。人気は10番目でしたが筆者としての評価は高く、石川騎手もこれで重賞2勝目となり個人的には皐月賞でもこのコンビで挑んでほしいです。

2着のファンタジストはアタマ差で敗れはしましたが実力も見せてくれました。展開が少し向かなかったのは悔やまれます。しかし馬体は朝日杯フューチュリティステークスより数段良くなっていて、距離的な問題もありますが皐月賞に出てくれば上位評価となるでしょう。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ