【先週の競馬】コーラルS、御堂筋Sなど土日4レースの振り返り

 

3月30日(土)

阪神7R 4歳上500万下

ヨハネスブルグ産駒で5番人気タガノプレトリアが、ワイルドラッシュ産駒で6番人気セカンドエフォートにクビ差つけての勝利を収めました。

勝ったタガノプレトリアは半兄に2017年ジャパンダートダービー3着馬タガノディグオがいます。

 

阪神11R コーラルS(L)

エンパイアメーカー産駒で2番人気スマートダンディーが、ルーラーシップ産駒で1番人気イシュトヴァーンにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったスマートダンディーは前走のすばるSでは勝ち馬が強かった中で2着を確保。やはり1400メートルは合いますね。

 

3月31日(日)

阪神10R 御堂筋S

ディープインパクト産駒で1番人気シルヴァンシャーが、ジャングルポケット産駒で2番人気ヴァントシルムにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったシルヴァンシャーは全兄にきさらぎ賞3着のロイカバードがいます。

 

中山9R 安房特別

ステイゴールド産駒で1番人気マイネルヴンシュが、マンハッタンカフェ産駒で5番人気シャリオヴァルトに2馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったマイネルヴンシュは3歳時には菊花賞でキセキの4着があり、1年以上の休み明けでの前走も2着と能力の高さが感じられます。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ