【先週の競馬】鴨川特別、鞍馬Sなど土日5レースの振り返り

 

5月4日(土)

新潟8R 4歳上500万下

ロージズインメイ産駒で2番人気ジョースターライトが、ハーツクライ産駒で1番人気キクノフェリックスに半馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったジョースターライトは半弟に2017年ニュージーランドTを制したジョーストリクトリがいます。

 

京都9R 鴨川特別

ノヴェリスト産駒で5番人気バレーノロッソが、スズカマンボ産駒で7番人気フォーラウェイに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったバレーノロッソの母は2011年七夕賞・小倉記念・府中牝馬Sを3連勝したイタリアンレッドです。

小回りの先行有利の中で内枠、なおかつ岩田康騎手に乗り替わったのも大きかったと思うレースでした。

 

東京5R 4歳上500万下

ディープインパクト産駒で3番人気タンタフエルサが、ハーツクライ産駒で4番人気ジンゴイストにクビ差をつけての勝利を収めました。

勝ったタンタフエルサは半兄に2017年AJCCを制したタンタアレグリアがいます。

 

東京8R 4歳上1000万下

ステイゴールド産駒で2番人気オールザゴーが、ディープインパクト産駒で3番人気スイーズドリームスに1.1/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったオールザゴーは母に重賞2勝馬で阪神ジュベナイルフィリーズでも1番人気に推された経験のあるアルーリングボイスを持ちます。

 

5月5日(日)

京都11R 鞍馬S

ロンロ産駒で1番人気ミラアイトーンが、ローエングリン産駒で4番人気カラクレナイに3/4馬身差をつけての勝利を収めました。

勝ったミラアイトーンは3連勝で挑みましたが、見事に4連勝を決めました。連勝はスプリントになってからで、秋に向けて楽しみな1頭が現れました。

 

 

(中山祐介)

競馬の楽しさを、すべての人へ。
ウマフリとは?
ウマフリ本誌はこちら。
ウマフリブログ
コラボ企画・ご寄稿も大歓迎!
お問い合わせ